オンライン会議中にジャマされたくない、生活音を防止する画期的な機能とは

在宅勤務を採用する企業が増えた現在、テレワーカーにとって自宅でのWeb会議は日常化しているのではないだろうか。カメラ内蔵のノートPCがあれば対面同様、画面越しに相手の顔を見ながら話すことができる。さらに「Zoom」や「Microsoft Teams」などのWeb会議サービスでは、取引先とのミーティングの際にも、生活感漂う自宅を画面に見せないようにするバーチャル背景の設定も可能だ。
そんな、コロナ禍に欠かせないツールのひとつとなっているWeb会議だが、同居人がいた場合、思わぬ落とし穴が潜んでいることも…。今回は、SNSで生まれたWeb会議中の思わぬ事態を防止する対策を紹介する。

ドアオープンと同時にマイクがミュートに!

Twitterのみゅ〜ま(@YuKiMuMa)氏の投稿

 テレワーカーの中には、実家暮らしやルームシェア中という人も多いことだろう。そうした人々にとっては、Web会議中に周囲の生活音や家族や同居人の話し声が相手に聞こえてしまうのは、最も避けたいハプニングのひとつとも言える。

 そんな惨事を防ぐための画期的な機能をTwitterユーザーが開発し、動画として投稿したことが現在話題となっている。1月20日に公開された、みゅ~ま(@YuKiMuMa)氏の動画でも、ドアが開いた瞬間にマイクがミュートになるという画期的なシステムを実現したという。
 その仕組みは、扉の下部にドアの開閉を検知できる白い器具を設置。それをPCと接続し、扉が開くと即座にオンライン通話用アプリ「Discord」で使用しているマイクがミュートになるBluetoothデバイスを考案していた。この動画は34万回以上も再生されており、社会人のみならず世間のさまざまな層に関心を持たれていることが伺えた。

オンライン会議中にジャマされたくない、生活音を防止する画期的な機能とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスDiscordMicrosoft TeamsWeb会議Zoomテレワーカーテレワークビデオ会議在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。