メルカリが転売対策に本腰! 業界最大手としての姿勢に拍手

メルカリが本格的な転売対策に乗り出すことが分かった。同社の発表によると、相場価格と懸け離れた価格での出品を行なう商品に対しての注意喚起を行う模様。規約上の出品禁止物でなくても、不当な価格だと同社が判断した場合は、注意喚起の対象となるという。
今回はこの発表が意味する今の日本経済の危機と、なぜメルカリが自ら出品を制限するような発表を行なったかについて考えていく。

転売が疑われる商品に注意喚起!買う前に適正価格を確認しよう

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

業界最大手のメルカリが本格的な転売対策に乗り出す

 「メルカリ」では、相場と懸け離れた値段で出品された商品に対して、注意喚起を行う機能を実装すると発表した。規約上の出品禁止物以外の商品でも、同社が需給のバランスが著しく崩れていると判断した場合は、注意喚起の対象となる。また今後、高額取引が予想される商品の発売前後には、購入者への注意喚起も行い、「メーカーサイトでの適正価格の確認」を促すなど、購入者の冷静な判断や行動につなげたいとしている。

メルカリが転売対策に本腰! 業界最大手としての姿勢に拍手のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフリマアプリメルカリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。