LINE WORKSが次々と業務の幅を拡大! LINEブランドの進化が止まらない

LINEで情報共有や書類管理を簡略化

(Image:Jakkapan maneetorn / Shutterstock.com)

導入コストが不要なのも魅力のひとつとなるLINEブランド

 そんなLINEの業務管理はさらに活躍の幅を広げ、最近ではレシートを撮影するだけで支出管理が可能となる「LINEレシート」も発表された。AIがレシートに書かれた金額や商品名などを判断し自動で収集できるため、自身で入力する手間もないことが忙しい現代のサラリーマンの生活スタイルにもマッチしている。
 性別も世代も超えて普及しているコミュニケーションアプリのLINEは、幅広い層に幅広いシーンで利用されている。そんなLINEブランドの強みを活かしながら、次なるサービス拡大に向けたプロジェクトを現在も推し進めているかもしれない。

参照元:ビジネスチャット「LINE WORKS」、介護記録ソフト「CareViewer」と連携し重要情報の共有を支援【クラウド Watch

※サムネイル画像(Image:line.worksmobile.com

LINE WORKSが次々と業務の幅を拡大! LINEブランドの進化が止まらないのページです。オトナライフは、【SNSCareViewerLINELINE WORKS】の最新ニュースをいち早くお届けします。