iPhone、Google Chromeでパスワードの同期が可能に、これはもしかして歴史的快挙?

iPhoneなどを手掛けるAppleが、ユーザーにとって嬉しい決断を下してくれた。なんとApple製品に、保存されたパスワードをGoogle Chromeとの間で共有できる機能が誕生したのだ。日本国内で高いシェアを誇るiPhoneユーザーが、自宅やオフィスで使用しているWindowsのPCと併用する際にも非常に効果を発揮することだろう。
今回はAppleとGoogleの歩み寄りという、歴史的快挙がどのようなシナジーを生み出していくのかを考えていきたい。

iPhoneとWindows PCの親和性がアップ!

(Image:Sorapop Udomsri / Shutterstock.com)

自宅にあるPCは、おそらくほとんどの人がWindowsを搭載しているだろう

 Appleは1月26日、Windows10でiCloudを利用するためのクライアントアプリ「iCloud for Windows 12.0」を公開した。このバージョンアップによって、iCloud キーチェーンに登録してある各種パスワードを、システムを同期することでGoogle Chromeでも使用できるようになるのだという。

 これまでもiPhoneやiPad、Mac PCなど、Apple製品上では同期できていたパスワードが、今後はApple製品という枠にとらわれず使っていけることになる。日本でも「スマホはiPhone、PCはWindowsを使っている」という人も少なくない。もしかするとこれまでPCがWindowsだったためになんとなく挙動が近いAndroidスマホを使っていたという人が、「利便性が上がったのなら、せっかくだから一度試しにiPhoneも使ってみようかな…?」とiPhoneに乗り換える…。なんて人が出てくる可能性も否定できない。

iPhone、Google Chromeでパスワードの同期が可能に、これはもしかして歴史的快挙?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleGoogleGoogle ChromeiPhoneMicrosoftwindows10】の最新ニュースをいち早くお届けします。