もはやTwitterも不要? Huluに“実況”できる「ウォッチパーティー」が機能登場!

動画配信サービス「Hulu」に最大8人とチャットしながら同時に同じ動画を視聴できる「ウォッチパーティー機能」(β版)が1月26日より新たに追加された。会員同士であれば無料で利用ができ、現在はこの新機能を利用することができるのはパソコンのみだが、今後スマートフォンアプリにも対応していく予定だという。
この新機能、そのほかの動画配信サービスの「NetFlix」や「Amazonプライムビデオ」などでも同様の機能がすでに追加されていて、離れた家族や友人らと利用し楽しんでいるユーザーが増えている。サービスを利用したユーザーからは「めっちゃ楽しい」「盛り上がった」などと好評の声が上がっている。世界中でいまだ大流行中の新型コロナウィルスの影響で、エンタメの楽しみ方もぐんぐんと進化を遂げているようだ。

コロナ禍で拡大が加速する定額制動画配信サービス業界

(Image:Top_CNX / Shutterstock.com)

海外ドラマや最新映画、オリジナルコンテンツなど楽しむ選択肢が格段に増えた

 自宅にいながら、映画やドラマ、アニメなどさまざまなコンテンツが見放題になるうえ、スマホやタブレットなどでいつでもどこでも視聴が可能となる定額制動画配信サービス。日本でも2011年にHuluがサービスを開始して以来、2015年には世界トップの業界シェアを誇るNetFlixも上陸し、国内外さまざまな企業がサービスを展開し、群雄割拠の様相を呈しながらも、業界全体では着実にユーザーを獲得していった。
 
 さらに2020年からの新型コロナウィルスの流行がさらなる需要拡大へと繋がった。2020年12月にグローバルアドテクノロジー企業であるThe Trade Desk, Inc.が行った調査によれば、日本国内在住の15〜69歳の男女の77%が動画配信サービスを利用していて、34%の人が2019年よりも動画配信サービスの視聴時間が増えたと回答している。時流に乗り、今後もますます発展が見込まれ、それに伴いシェア争奪戦も激化していくことだろう。

もはやTwitterも不要? Huluに“実況”できる「ウォッチパーティー」が機能登場!のページです。オトナライフは、【動画・音楽Huluウォッチパーティー】の最新ニュースをいち早くお届けします。