「m4a」とは? 再生方法や「mp3」に無劣化変換する手順を解説!

「m4a」とはどのようなファイルなのかご存知だろうか。また、「m4a」を多くの方が聞き馴染みのある「mp3」に変換したい方も多いかと思う。そこで本記事では、「m4a」とはどのようなファイルなのか、「mp3」への変換方法も交えて紹介しよう。

「m4a」とは?

(Image:Bloomicon / Shutterstock.com)

 ファイル形式のひとつである「m4a」とはどのようなファイルなのかご存知だろうか。本記事では、「m4a」というファイル形式のファイルとはどのようなファイルなのか、「m4a」ファイルを再生する方法、一般的な「mp3」形式に変換する方法にはどのような方法があるのか解説する。
 はじめに、「m4a」というファイル形式のファイルとはどのようなファイルなのか解説する。「m4a」ファイルとはなにかご存知でない方はまずは「m4a」ファイルとはなにか確認していこう。

・音楽ファイルの拡張子の一つ

 ファイル名にはファイルの末尾に「.」から始まる文字列である拡張子が付与されている。拡張子は、そのファイルをどのソフトで開けばいいのかを指定しているものだ。一般的な拡張子としては画像ファイルで利用されている「jpg」や動画ファイルの「mp4」、音楽ファイルの「mp3」がある。さて、今回記事で取り上げている「m4a」とは、音楽ファイルの拡張子のひとつである。
 また、拡張子はそのファイルをどのソフトで開けばいいのかを指定するものだと紹介したが、より詳しく説明すると拡張子とはそのファイルの形式を表しているものとも表現できる。「m4a」とは、メディアファイルの圧縮方式である「mpeg」形式のひとつである。

・音声データを記録する

 前述した通り、「m4a」とは音楽ファイルの拡張子のひとつである。「m4a」ファイルは一般的に音声データの記録形式として用いられていることが多い。iPhoneの同期やCDの取り込みに利用されるiTunesでのデフォルトのCD取り込み時のファイル形式も、「m4a」形式の音楽ファイルになっている。

「m4a」形式と「mp3」形式の違いは?

 「m4a」形式は有名なファイル形式である「mp3」と同様に音楽ファイルに利用されているファイル形式であることがわかった。そこで気になるのは「m4a」形式と「mp3」形式の音楽ファイルのそれぞれの違いやメリット・デメリットだ。本項では、「m4a」形式と「mp3」形式のファイルの違いをメリット・デメリットとして紹介するので参考にしてほしい。

・それぞれのメリット/デメリット

 「m4a」形式と「mp3」形式のファイルの違いをそれぞれのメリット・デメリットという面で紹介する。その中でも前提知識としてはじめに知っておきたいことが、「m4a」は「mp3」よりも後に開発されており、現在も開発は継続されているという点だ。対して「mp3」はすでに開発は終了しており今後更に進化することは無いといえる。この点が「m4a」形式と「mp3」形式の最大のメリット・デメリットといえる。将来性を考えると今後は「m4a」形式を利用するべきであることは明白だ。
 しかし、まだまだ「mp3」形式のファイルはさまざまな場面で利用されている。その理由に「mp3」形式のファイルの汎用性の高さにある。「mp3」は開発からすでに30年近く経過している。そのため、ほとんどの音声・動画コンテナ内で利用でき、非常に古いレガシーな装置でも扱える場合が多い。そのため、汎用性という面で考えると音楽ファイルの形式でmp3に勝るものは無いと言える。
 対して、「m4a」は「mp3」のような数十年前の機器との汎用性などは無いものの、現在利用されているほとんどの機器やソフトでは扱うことができる。そのため、一般的な利用者にとってはデメリットを感じる点は少ない。

「m4a」とは? 再生方法や「mp3」に無劣化変換する手順を解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽iTunesm4aMP3】の最新ニュースをいち早くお届けします。