今なぜ? スシローが都心に出店ラッシュ! コロナ禍で見せつけた好調な理由とは

スシローは今後も回転寿司業界を牽引するか?

より高い質が求められる、今後の回転寿司業界

 2度目の緊急事態宣言が発令され、まだまだ外食産業にとってコロナの影響は大きく、長く続くだろう。そんななかでスシローが次に打ち出すのはどのような戦略だろうか?都心戦略を本格化し、自動で席を案内してくれる自動案内機や、テイクアウト商品を持ち帰るのに便利な自動土産ロッカーの導入を進めていく。またデリバリーに関しても、すでに「Uber Eats」と「出前館」によるサービスを取り入れている店舗が多数あるが、加えて大阪や福岡に強いフードデリバリーサービス「DiDi Food」の取り扱い店も増やし、よりいっそうの充実を図る狙いだ。

 しかしそもそもどれほど感染対策が万全でも、おいしくなければ当然集客は見込めない。スシローはもともと大阪の寿司職人がはじめた回転寿司事業なだけあって、素材の調達、鮮度に強いこだわりがある。新メニューの開発にも力を注いでいる。
 時流に乗って店舗を拡大、サービスを充実させた次に求められるのは、満足のいく高いクォリティーだろう。業界トップを独走し続けるスシローの今後に期待が寄せられている。

参照元:スシロー、くら寿司はコロナ禍でも加速 都心に出店攻勢【産経新聞

※サムネイル画像(Image:BPYF / Shutterstock.com)

今なぜ? スシローが都心に出店ラッシュ! コロナ禍で見せつけた好調な理由とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフスシロー回転寿司】の最新ニュースをいち早くお届けします。