Netflixの有料会員数が2億人を突破! Disney+やHBO Maxなど動画配信の覇権争いが激化!

定額制の動画配信サービスは今や日常生活に欠かせないもののひとつとなっている人も多いのではないだろうか。マーケティングリサーチの実査や集計のアンケートシステムなどを展開する株式会社マーケティングアプリケーションズが昨年12月に、全国の20歳~69歳男女を対象として、定額制の動画配信サービスの使用実態について調査を行った。現在の利用率は全体23%と国民の5人に1人は何かしらのサブスクリプションの動画配信サービスを登録している状況にあるが、コロナ第1波が少し落ち着きつつあった昨夏7月にインプレス総合研究所が調査した有料動画配信サービスの利用率は21.5%。巣ごもり需要で今後も増加傾向にありそうな予感だ。
さらに有料動画配信サービスユーザーによるアンケートによると、2020年7月の時点で「Amazonプライム・ビデオ」が突出し、2位には「Netflix」の19.5%、3位には「Hulu」の12.4%とし、他社から大幅にユーザー獲得を優位にしていた。12月の有料動画配信サービスのマーケットは変わらずAmazonプライム・ビデオが1位だが、2位のNetflixは46%、3位はHuluで45%とAmazonプライム・ビデオに追随するユーザー数の伸び率に驚きを隠せない。NetflixやHuluのオリジナル性やジャンルの幅の広さに魅力を感じる人がますます増えているようだ。

ファン急増によりキャッシュフローが安定

(Image:sitthiphong / Shutterstock.com)

有料会員登録者数が定着したことにより収益拡大につながった

 巣ごもり需要とともに会員数を着実に伸ばしたNetflixが、有料会員数が全世界2億人を突破したと決算資料で明らかにした。コロナ禍によるロックダウンや外出自粛により急速にユーザー数を伸ばし、収益状況も上向きになりキャッシュフローが安定化。会員定着により、大規模な資金調達は不要になり他社を圧倒する急成長ぶりを見せている。
 また、世の中の状況だけでなく、Netflixオリジナル作品の充実ぶりもその成長を後押ししている。同社自体、オリジナル映画に力を入れており、既存映画会社にも引けを取らない質の高い内容だ。Netflixオリジナル映画やドラマがヒットすれば、視聴者の口コミで登録者数増加につながっていく。そうした視聴者の期待に応え続けるNetflixの力の入れ具合も、ユーザーが魅力に感じる部分なのではないだろうか。

Netflixの有料会員数が2億人を突破! Disney+やHBO Maxなど動画配信の覇権争いが激化!のページです。オトナライフは、【動画・音楽AmazonプライムAmazonプライム・ビデオDisney+HBO MaxHuluNetflix】の最新ニュースをいち早くお届けします。