Apple、スマホ出荷台数1位返り咲き! iPhone12好調で次はいよいよ折りたたみiPhone?

 アメリカのApple社が2020年10~12月期に世界で出荷したスマートフォンの台数が、四半期の台数として過去最高を更新した。2020年秋に相次ぎリリースされたiPhone初の5G対応の「iPhone12」シリーズが爆発的なペースで売れ続けていることがその理由だ。2020年は新型コロナウイルス流行の影響でスマートフォン業界も少なからず打撃を受けたが、iPhone12シリーズの登場が、業界全体を最活性化させる起爆剤となるかもしれない。
 さらにアップルは2021年から2022年にかけてiPhoneを大きく進化させる動きを見せている。今後もスマートフォン業界の中心となりえる、iPhoneの今後の動きに注目したい。

iPhoneの売上も過去最高!時期モデルは折りたたみ式?

(Image:ALDECA studio / Shutterstock.com)

2020年10〜12月期で世界で出荷されたスマホの23.4%をアップルが占めた

 1月27日にAppleが発表した2020年10月〜12月期の決算は、売上高は約11兆6,200億円で、四半期として過去最高、そのうちiPhoneの売上高は約6兆8,400億円を占め、こちらも過去最高を更新となっている。相次ぎリリースされた5G対応の新シリーズiPhone12は機能やデザインの異なる4機種が発売され、年末から引き続き2021年頭でも好調な売上だという。
 
 そんなiPhoneの次なる動きとして現在噂されているのが「折りたたみiPhone」だ。以前から「折りたたみ式のiPhoneが近いうちに登場する」と予想されていたが、2022年に発売される可能性が高いと、台湾の電子部品業界情報誌・DigTimesやイスラエルの情報サイト・The Verifierなど世界の複数のソースが次々と伝えており、ユーザーの期待も高まっている。
 折りたたみ型スマートフォンとしては、サムスンがすでに2019年に発売を開始、好評を得ていて、2021年にはさらに多くのモデルを投入すると予想されている。その市場にiPhoneが乗り込めば、新たなステージでのスマホ顧客争奪の競争が激化することだろう。

Apple、スマホ出荷台数1位返り咲き! iPhone12好調で次はいよいよ折りたたみiPhone?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone折りたたみiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。