【iPhone】使いにくいiOS 14を、使い慣れたiOS 13に切り替える隠しワザ!

「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能を手動で切り替える

「iOS 14」では、新たにマルチタスク機能「ピクチャ・イン・ピクチャ」も追加されている。これは、動画の視聴中に再生画面をコンパクトに表示させ、SNSやメールをチェックすることができる便利な機能。しかし、iPhone X以降のホームボタンが搭載されていない端末は、この機能が自動的に作動するよう設定されており、動画の再生中に何気に指を上から下にスワイプしてしまうと、勝手に画面が小窓化されてホーム画面に戻ってしまうのだ。意図しないときに、勝手に「ピクチャ・イン・ピクチャ」が起動するのを防ぐためには、設定から「手動」に切り替えておくほうがよいだろう。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の自動起動を手動に切り替えるには、まず「設定」から「一般」を選択し「ピクチャ・イン・ピクチャ」をタップ(左写真)。「ピクチャ・イン・ピクチャを自動的…」をオフにすればよい(右写真)

手動にした「ピクチャ・イン・ピクチャ」の使い方は非常に簡単。動画視聴中に表示される「ピクチャ・イン・ピクチャ」のボタンをタップするだけでOK。再度、大画面に戻すときも同じように、小窓化した画面にある「ピクチャ・イン・ピクチャ」をタップすればよい

 いかがだろうか? 「iOS 14」はiPhone X以降の大画面の魅力を活かすためのメジャーアップデートだが、UIが大きく変わったり指のジェスチャーで自動起動する機能が追加されていたりするので、慣れないと戸惑う部分もある。もし、新しい機能が使いにくいのであれば、自分の好みに合わせて「iOS 13」のように設定を変更してみよう。

※サムネイル画像(Image:DANIEL CONSTANTE / Shutterstock.com)

【iPhone】使いにくいiOS 14を、使い慣れたiOS 13に切り替える隠しワザ!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiOS13iOS14iPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。