Googleも自力で対策しきれない? Androidアプリ開発者に委ねられる致命的なバグとは

GoogleのOS「Android」に関わるソフトで発見されたバグが話題となっている。伝えられた内容によると、そのバグによってなんと数百万人ものユーザーがリスクに晒されるという。そのバグ自体はGoogleが2020年4月に修正済みにもかかわらず、だ。
今回は、Googleは対応しているのにその効果がうまく反映できない、Googleにとって歯がゆい現状をご紹介していきたい。

既知のバグが放置されているソフトが多数あることが判明

スマホを守るシステムも古いものでは心もとない

 今回話題となっているバグがあったのは、Android OS上で利用するアプリを開発する際に使われる「Google Play Core」というライブラリだ。世界的なセキュリティ製品製造会社・Check Point Software Technologiesによると、アプリの開発者がこのライブラリをアップデートしないとアプリにバグが残り、多数のユーザーがリスクを抱えたままになっているという。さらにこのリスクでは、スマホの各種データにアクセスできるようになるといい、スマホで使っていた各種ログイン情報やユーザーが送ったメッセージ、画像等の個人情報が含まれるおそれもあるようだ。

 報道によれば「Google Play ストア」で手に入るアプリのうち、2020年9月の時点でおよそ13%がGoogle Play Coreを使用しているともいう。Check Point Software Technologiesが有名アプリを無作為に確認しただけでも、ウェブブラウザの「Microsoft Edge」や動画編集ソフトの「PowerDirector」等、日本でも広く使われているソフトもバグが残っていたという。ユーザーの我々としては「まさかMicrosoftのソフトまで更新されていないとは…」とあぜんとせざるを得ない。

Googleも自力で対策しきれない? Androidアプリ開発者に委ねられる致命的なバグとはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGoogleバグ】の最新ニュースをいち早くお届けします。