ドコモ「dカード」の魅力を解説! ヘビーユーザーなら「dカード GOLD」は年会費を払ってもお得!

NTTドコモの「dカード」はドコモスマホユーザーでなくてもお得な年会費無料のクレカ。通常は1%還元だが、dカード特約店なら最大5%還元、ポイントUPモール経由ならポイントが最大10.5%の倍に。しかも、ケータイ補償や買い物補償まで付帯しているのだ。また、有料の「dカード GOLD」ならドコモスマホ料金の支払いで10%還元されるため、実質年会費が無料になるのが凄い! そこで今回は、NTTドコモの「dカード」「dカード GOLD」がどのくらいお得なのか解説する。

dカードなら特約店で最大5%ポイント還元も!

(Image:d-card.jp)

「dカード」はNTTドコモが発行する年会費無料の公式クレカだ。ドコモのスマホを契約していなくても取得できるので、ここでdカードのお得なポイントを確認していこう。
 まず、dカードは通常の買い物税込100円で1pt(1%)が付与されるほか、ドコモのスマホやドコモ光(固定回線)の料金を支払うと税込1,000円で10pt(1%)が付与される。しかも「dカード特約店」では1.5%~5%程度のポイント還元を受けられるし、ネットショッピングでも「dカード ポイントUPモール」を経由すればAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモールなどの買い物で、ポイントが通常の1.5~10.5倍になるのだ。
 また、通常クレカでもらえるポイントの有効期限は1~2年程度だが、dポイントは48カ月(4年)と非常に長いのが特徴。貯まったポイントは、iDのキャッシュバックに交換して日常の買い物の支払いで使うことができるほか、ドコモスマホユーザーならスマホの月額利用料の支払いに充てることも可能である。

(Image:d-card.jp)

18歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のNTTドコモ公式クレカ「dカード」。無料のクレカなのに、ポイントがたくさんもらえるし、各種補償もかなり充実している

(Image:d-card.jp)

通常の買い物で1%還元されるクレカは珍しくないが、dカードは「dカード特約店」で利用すると最大1.5~5%還元になる。よく使うお店が含まれていればかなりお得だぞ!

■dカード特約店のポイント還元率
【1.5%還元】ENEOS/ENEOSでんき/高島屋/伊勢丹/三越/丸善ジュンク堂書店 など
【2%還元】JAL/チェッカー無線/東京無線/dトラベル/dデリバリー/dファッション/dショッピング/ドコモオンラインショップ/ショップジャパン/多慶屋/洋服の青山(iD)/紀伊國屋書店(iD)/タワーレコード(iD)/コスモでんき など
【3%還元】ビッグエコー(iD)/伊達の牛たん本舗/マツモトキヨシ/JTB など
【4%】サカイ引越センター/ドトールバリューカード/スターバックスカード/オリックスレンタカー(iD) など
【5%】リンベル

※(iD)=iD利用時のみ

(Image:docomo.pointupmall.com)

ネットショッピングするときは、「dカードポイントUPモール」を経由してから買い物をしよう。ポイントが最大10.5倍になる場合もあるぞ

ドコモ「dカード」の魅力を解説! ヘビーユーザーなら「dカード GOLD」は年会費を払ってもお得!のページです。オトナライフは、【マネーdカードdカードGOLDドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。