新料金プラン比較「楽天モバイル」「Y!mobile」「UQ mobile」「mineo」結局どれがお得?

ドコモの「ahamo」が登場して以来、2021年春のスマホの料金競争は激しさを増している。今後も新たな動きがあると思うが、2021年2月5日現在で、かなり安いと思われる「楽天モバイル」「Y!mobile」「UQ mobile」「mineo(マイネオ)」の4社に絞って料金プランを比較してみることにした。はたしてどこがいちばんお得なのだろうか?

「ahamo」に対抗してなりふり構わず新プラン投入!

 2020年12月、突如ドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という驚きの新料金プラン「ahamo」を発表した。その後、ソフトバンクやauもほぼ同じ内容で新料金プランを発表したが、この煽りをモロに食らったのが、第4のキャリア「楽天モバイル」、ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」、au(KDDI)のサブブランド「UQ mobile」、そして格安SIM(MVNO)の「mineo(マイネオ)」などである。
 このままでは大手キャリアに顧客を根こそぎ奪われかねないため、各社はなりふり構わず新プランを投入した。まず、「UQ mobile」は3GBまで1,480円、15GBまで2,480円、25GBまで3,480円の「くりこしプラン」を発表。これに対して「Y!mobile」は固定回線割か家族割適用時は3GBまで900円、15GBまで1,900円、25GBまで2,700円となる「新シンプル」プランで対抗した。もちろん格安SIMも負けていない。「mineo(マイネオ)」は1GBで1,180円、5GBで1,380円、10GBで1,780円、20GBで1,980円という「マイピタ」プランを発表。そして、最後に「楽天モバイル」が掟破りの1GBまで無料、3GBまで980円、20GBまで1,980円、20GB以上(無制限)で2,980円という段階制新プランを発表するに至ったのである。

(Image:ahamobile.jp)

2020年12月、NTTが子会社のドコモをTOBで買収してまで推し進めて実現したのが「ahamo」であった。月20GBで月額2,980円は、それまでの格安SIMより安い驚きのプランだった

Y!mobileは3GBで1,980円、15GBで2,980円、25GBで3,780円だが、固定回線割か家族割適用で1,080円引きになるのがポイント。ただし、家族割は2人目以降の適用となる点は要注意!

「UQ mobile」は固定回線割や家族割は適用できないが、3GBで1,480円、15GBで2,480円、25GBで3,480円という低料金。余ったデータを翌月に繰越できるものの、料金は「楽天モバイル」よりは高い

(Image:mineo.jp)

格安SIMの「mineo」は、1GBで1,180円、5GBで1,380円、10GBで1,780円、20GBで1,980円という「マイピタ」プランを発表。5GBと10GBプランは「楽天モバイル」より安くなる。ただし、かけ放題を追加すると「楽天モバイル」のほうが安くなる点は要注意

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

「楽天モバイル」が打ち出した新プランは1GBまで0円、3GBまで980円、20GBまで1,980円、20GB以上は無制限で2,980円という驚きの安さ。しかも、料金の中に通話アプリ利用でかけ放題も含まれている

新料金プラン比較「楽天モバイル」「Y!mobile」「UQ mobile」「mineo」結局どれがお得?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhonemineoUQモバイルY!mobile楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。