新料金プラン比較「楽天モバイル」「Y!mobile」「UQ mobile」「mineo」結局どれがお得?

楽天モバイルの圧倒的な安さが際立つ結果に!

 4つの格安新プランが出揃ったところで、実際にどこが安いのか比較してみよう。まず、データ容量別で比較すると、3GBまでのプランでは1GBで無料、3GBで980円という「楽天モバイル」しか選択肢はない。10GB以下のプランなら、5GBで1,380円、10GBで1,780円の「mineo」が最安値となる。15GB以上使うプランなら20GBまで1,980円、無制限で2,980円の「楽天モバイル」が圧倒的に安くなる。しかも、「楽天モバイル」は、通話アプリを使うことで完全かけ放題も込みの料金なので、電話をたくさんかける場合は、いずれのプランでも「楽天モバイル」が安いことになる。
 なお、「Y!mobile」は固定回線割や家族割を適用すると1,080円引きになるのがウリだが、家族割は2人目以降の適用となるのでかなり大家族でないと「楽天モバイル」より安くなることはない。また、固定回線割適用時でもかけ放題を考慮すれば「楽天モバイル」に敵わない。

■Y!mobile(家族10人で3GB+家族割適用)
1人目:1,980円
2~10人目:900円×9人=8,100円
合計1万80円÷10人=1人平均1,008円

■楽天モバイル(家族10人で3GB以下の場合)
980円×10人=9,800円

→楽天モバイルのほうが280円(1人あたり28円)安い
※楽天はかけ放題料金も込み

4社の料金プランを比較してみた。楽天は段階制プランなので表現が難しかったが、「楽天モバイル」は通話アプリによるかけ放題込みなのを考慮すれば、どのプランでも圧勝である

それでも「楽天モバイル」には不安な面も……

 いかがだろうか? 新料金プランを比較した結果は、ほとんどの条件で「楽天モバイル」が圧勝ということになった。しかも、今なら先着300万人は1年間無料で利用でき、スマホも実質タダで手に入る。だが、本当にそれだけで「楽天モバイル」を選んでいいのだろうか? 筆者にはどうしても気になる部分があるのだ。詳しくは→こちらを参照してほしいが、それは「楽天モバイル」の回線の弱さだ。楽天は2021年夏までに人口カバー率96%に拡大すると表明しているが、予定通りだとしても田舎や山岳部ではつながらない可能性がある。もちろん、楽天回線がカバーできない地域はパートナー回線(au)が使えようになっているが、これは5GBまでである。また、新料金プランでは1GBまで0円となっているが、普通にスマホを使っていれば月1GBはすぐに超えるだろう。月3GBでも自宅にWi-FiがなくSNSをよく使っている人には厳しい容量である。つまり、「楽天モバイル」は実質20GBで1,980円のプランだと考えてよい。となると、月5GBで1,380円、10GBで1,780円の「mineo」のほうがお得だと感じる人も多いのではないだろうか?

●楽天モバイル(公式)は→こちら
●Y!mobile(公式)は→こちら
●UQ mobile(公式)は→こちら
●mineo(公式)は→こちら

(※2021/2/7 記事の一部を訂正いたしました)

新料金プラン比較「楽天モバイル」「Y!mobile」「UQ mobile」「mineo」結局どれがお得?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhonemineoUQモバイルY!mobile楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。