マカフィーが脅威レポートで警鐘! 2021年はテレワーク下で自宅がハッキングの標的に

近年、ビジネスシーンでもさまざまなことがオンライン化・クラウド化されるなど、世の中全体の急速なデジタル化が進んでいる。しかし一方でデジタル技術の進化によってサイバー犯罪の件数も増加しており、テレワークの普及でこれまでのオフィスよりもセキュリティの甘い環境で業務にあたるサラリーマンも増えたことで、2021年はさらに被害が拡大する可能性を専門業者が指摘した。
今回は、テレワーク下でこそ気を付けていきたいサイバー犯罪対策の現状をお伝えしていきたい。

マカフィーが“脅威予測レポート”を発表

テレワークの普及でテレワーク環境を狙った犯罪も増加中だ

 2020年に突如としてあらわれた新型コロナウイルス感染症の影響によって、半ば強制的に進んだビジネスシーンのデジタル化。読者の中にも、いきなり自宅からのテレワークに切り替えるように上から指示された人も少なくないだろう。
 サイバーセキュリティー企業のマカフィーは2021年1月、そうしたテレワークの増加する現状をふまえた「2021年 脅威予測レポート」を発表した。そのレポートの中では、オフィスよりもセキュリティがおろそかになっていることの多い自宅でのテレワーク下のリスクを指摘する「家をハッキングしてオフィスをハッキング」や、テレワークで離れた自宅からデータをやりとりするためのクラウドサービスの利用増加を狙った犯罪者による「クラウドプラットフォームへの攻撃が高度に進化」等に触れ警鐘を鳴らしている。
 さらには「新たなモバイル決済詐欺」「COVID(ウィズコロナ)時代のQRコードの乱用」等にも言及し、私たちの日常生活も完全に安全であるとは言い難いことを指摘した。

マカフィーが脅威レポートで警鐘! 2021年はテレワーク下で自宅がハッキングの標的にのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスウイルスサイバー攻撃テレワークハッキングマカフィー在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。