Googleのスプレッドシートやカレンダーをオフラインで利用する方法とは

現代のサラリーマンにとって、絶対に欠かすことのできないもののひとつにGoogleが入るであろうことは疑いの余地もない。読者の方々の中でも、「Gmail」や「Google スプレッドシート」といったサービスを使ったことのある人が大半を占めるのではないだろうか。場所もデバイスも問わず、複数人が自由にファイルにアクセスできるサービスは非常に利便性が高い。しかしこれらのサービスは、自身が通信環境の無い場所にいたり、2020年12月に起こったようなGoogleが突然ダウンしたりと、Googleの各種サービスにアクセスできなくなると途端に作業ができなくなってしまう。
今回は、そんな不測の事態に備えるための“オフラインでもGoogleサービスを利用する方法”をご紹介していきたい。

オフラインでGoogleの各種サービスを利用する方法

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

Google スプレッドシートは、案件の進捗管理など、最も利用されるGoogleのサービスのひとつだろう

 Googleのサービスは多数あり、複数人のメンバーの間でリアルタイムに共有できることが強みでもあるのだが、今回はオフラインという特性上、他人の更新は反映されないのはご容赦いただきたい。

【オフラインでもGoogleサービスを利用する方法】

・Gmail
 GoogleのメールサービスであるGmailも、同じくGoogleのウェブブラウザである「
Google Chrome」を利用してオフライン操作をすることができる。
 歯車アイコンの「設定」メニューから「すべての設定を表示」を選択し、「オフライン」タブにある「オフラインメールを有効にする」を選択すれば、オフライン環境でもGmailを使うことができるようになる。オフラインのためメールの送信はできないが、新たなメールを送信しようとすると「送信トレイ」に移動しネット環境につながると自動的に送信されるという便利な機能もついているため、送り忘れを防ぐことも可能だ。
 また、「同期設定」で過去何日間のメールを保存するかや、添付ファイルのダウンロードの可否も選択できる。ダウンロードする設定にしておけば、「メールを受信したはいいが添付ファイルをPCに保存していなくて作業できない…」といううっかりミスも防げるだろう。

Googleのスプレッドシートやカレンダーをオフラインで利用する方法とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGmailGoogleGoogleカレンダーGoogleドキュメントスプレッドシート】の最新ニュースをいち早くお届けします。