あなたのスマホも狙われている! デバイス監視アプリDL数が前年比200%増

スマートフォンの普及に伴い、セキュリティやプライバシー保護が重要になってきた。そこでサイバーセキュリティ企業である「NordVPN」がスマートフォンやタブレットなどのデバイスを監視するアプリのインストール状況を発表。2020年は日本全国で1万2000と前年に比べ70%増加したという。さらに日本国内だけでなく世界規模で見ても、デバイスの監視システムに対する関心は高まっているようだ。しかしアプリケーションのユーザーが増えた分、悪用の件数も必然的に増加する可能性があるため、被害者を増やさないための解決策も考える必要があるのではないか。

社会問題の温床にもなり得るスマホ監視アプリ

GPS機能搭載のため、相手の居場所を特定できるほか、遠隔操作で音声の録音も可能

 テキストメッセージやブラウザーの履歴、写真・動画の閲覧、現在地の監視などが可能な「KidsGuard」「mSpy」といったスマホ監視アプリ。国内だけでなく、海外でもその需要は高まってきている。NordVPNによる調査では、パキスタンやロシア、ベトナムでそれぞれ200%以上もユーザー数が伸びている。日本含め10か国が2019年と比較して平均月間ダウンロード数が増えているのだ。
 しかし、アメリカでは深刻な問題となっているDVやストーカー問題の温床ともなっているスマホ監視アプリ。加害者がパートナーのスマートフォンに自由にアクセスし、現在地を調べたり、音声を録音したりと相手を支配しようと試みるのだ。スマホ監視アプリの精度を上げれば、それだけの代償を負わざるを得ないのか。スマホ監視アプリインストールによる不正アクセス防止の打開策も同時に考えるべきだろう。

 そんなスマホ監視アプリだが、2020年にはKidsGuardで個人情報漏洩の問題が発覚している。サーバー設定に誤りがあったため、インストールしたアプリからサーバーに送られた個人のデータがインターネット上に漏洩してしまったという。ストーカーウェアこそセキュリティを強化する必要があるが、こうしたエラーこそが、前出のDVやストーカーにつながってしまうかもしれない。

あなたのスマホも狙われている! デバイス監視アプリDL数が前年比200%増のページです。オトナライフは、【アプリGPSスマホセキュリティ不正アクセス個人情報監視アプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。