【Microsoft Teams】ビデオ(Web)会議の使い方を解説! 問題が起きたときの対処法も紹介

Microsoft Teamsを使ったビデオ会議システムの使い方をご存知だろうか。リモートワークに欠かすことができないビデオ会議をMicrosoft Teamsで行う使い方を紹介するのでビデオ会議システムでお悩みの方は参考にしてほしい。

Microsoft Teamsとは

 Microsoft Teamsをご存知だろうか。リモートワークの普及でMicrosoft Teamsというツールをはじめて耳にした方も多いかと思う。本記事ではMicrosoft Teamsを使って行うことのできるビデオ会議・Web会議の使い方を紹介するがその前に、Microsoft Teamsとはどのようなツールなのかあらためて確認しておこう。

・マイクロソフトが提供するコラボレーションプラットフォーム

 Microsoft Teamsとは、Microsoftが提供しているビデオ会議やWeb会議、その他会議スケジュールの共有などをTeams内で行えるようにしたビジネス用のコラボレーションプラットフォームシステムのことだ。
 ビデオ会議やWeb会議と聞くとZoomを思い浮かべる方も多いかと思うが、ビデオ会議・Web会議に主軸を置いたZoomと比較すると、Teamsはビデオ会議・Web会議機能を搭載したチャットなども含めたビジネス用のコミュニケーション用コラボレーションプラットフォームといえる。

・チャットやビデオ会議などができる

 前述の通り、Teamsにはビデオ会議やWeb会議以外でもビジネスの補助となるさまざまな共有機能やサポート機能が搭載されている。だが、Teamsで最も使われている機能といえばビデオ会議・Web会議機能だ。
 Teamsでのビデオ会議・Web会議機能では、Teamsのビデオ会議・Web会議ツールと同様にただ単に映像と音声だけを映して会議するのではなく、画面共有機能で会議に参加中のユーザーと画面を共有しながら会議を行なったり、ビデオ会議の映像の背景を入れ替えたりする機能も搭載されている。
 また、Teamsでは会議の開催に欠かすことができない会議の周知までをTeams上で一貫して行うこともできる。TeamsはMicrosoft社が提供するOffice製品のひとつであることから、同製品群のメール・スケジュールツールであるOutlookと連携して利用することも可能だ。これらと連携設定さえしておけばTeamsで行う会議のスケジュールをOutlookのスケジュールと共有したり、Teamsから直接Outlookで会議の開催を同僚たちへ共有することも可能だ。
 本記事では、Teamsを使ったビデオ会議・Web会議の基本的な使い方について紹介するので、Teamsを使ったビデオ会議・Web会議を検討している方はこれから紹介する、Teamsを使ったビデオ会議・Web会議の基本的な使い方をぜひマスターしてほしい。

【Microsoft Teams】ビデオ(Web)会議の使い方を解説! 問題が起きたときの対処法も紹介のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoft TeamsWeb会議ビデオ会議リモートワーク】の最新ニュースをいち早くお届けします。