置き配の7割が玄関前指定の日本、アメリカではすでに玄関盗賊と呼ばれる盗難が急増中!

日本で「置き配」というサービスが広まったのは2019年頃からのこと。増え続ける物流件数に対して慢性化するドライバー不足、再配達問題など宅配業界が抱える問題に、2020年からの新型コロナウイルス流行による物流量の急増が拍車をかけ、置き配の普及が大きく進んだ。だが、実際に荷物の盗難や紛失などの問題に不安を覚える人も多いのが現状だ。
そこで現在の置き配の利用状況や満足度などのアンケート結果から、今後の置き配がどう変化するか、防犯対策を含め考えていく。

置き配経験者は30.8%、高い満足度だが、デメリットも

コロナ禍における感染症対策としても、非対面配送が進んだ

 MMD研究所が2021年1月に全国の18歳〜69歳の男女4,373人を対象に「ECサイトの配送に関する調査」を行った。その結果によると、置き配の認知度は85.6%、利用経験者は30.8%、置き配利用者の指定場所は7割以上が「玄関前」と答えたことが分かった。さらに置き配に感じるメリットは「再配達を防げる」「時間に縛られずにすむ」、デメリットは「盗難・破損・汚れの心配がある」「不在にしていることを知られる」などが上がっている。そして利用者の71.8%が満足、85.4%がさらなる普及を望む意向を示していることも分かった。

 利用者は増えているものの、やはり気になるのは盗難や紛失、プライバシーといった問題のようだ。たとえば、すでに不在時には玄関先への置き配が基本となっているアメリカでは、“ポーチ・パイレーツ(Porch Pirates玄関盗賊)”という言葉が生まれるほど、盗難被害が急増し問題となっている。日本でも徐々に盗難被害、紛失や別人宅への誤配達などの問題が増えてきているようだ。

 では消費者、宅配業者ともにメリットがあり、今後も広く利用されることになるだろうこの置き配サービスを、どうすればより安全に安心して利用することができるだろうか?

置き配の7割が玄関前指定の日本、アメリカではすでに玄関盗賊と呼ばれる盗難が急増中!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazon楽天市場玄関盗賊置き配】の最新ニュースをいち早くお届けします。