【Windows 10】「Cドライブ」の拡張方法! 空き容量を増やすには?

「Cドライブ」の空き容量が足りずに困ってはいないだろうか。「Cドライブ」の空き容量がなくなってしまうと、PCの動作が遅くなるなど不具合が出てくる。そこで本記事では「Cドライブ」の空き容量を増やす方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

【Windows10/7】「Cドライブ」の空き容量が少なくなるとどうなる?

 「Cドライブ」の容量が足りなくなり困ってはいないだろうか。「Cドライブ」の容量が足りなくなるとさまざまな問題が発生する。実は、「Cドライブ」は環境によってはパーティションと呼ばれるハードディスクの管理方法によって、「Dドライブ」や認識されていないドライブと併用されている事がある。これらの「Dドライブ」の空き容量や使われていない領域を「Cドライブ」に追加して「Cドライブ」の容量を拡張することが可能だ。
 本記事では「Cドライブ」を拡張して容量を増やす方法を紹介するので、「Cドライブ」の容量や拡張でお困りの方はぜひ参考にしてほしい。
 はじめに、「Cドライブ」の空き容量が少なくなってしまうとどのような事が起きるのか紹介しよう。通常、一般的な環境のパソコンではOSを始めその他ソフトなどは「Cドライブ」に保存されている。OSやソフトは普段の動作やアップデートなどでインストールした後も「Cドライブ」にデータを追加で保存したり変更したりしている。しかし、「Cドライブ」の空き容量が足りなくなってしまうとOSやソフトが行なっている、追加で「Cドライブ」の容量が必要な作業が行えなくなる。
 この状態になってしまうと、システムは自動的に不要なファイルを少しでも探し出して削除しようとする。このような動作が起こることで「Cドライブ」の空き容量が足りなくなってしまうとシステムの動作が非常に遅く・重くなってしまう。
 また、ソフトによってはソフト自身のデータ以外にも外部から取り込んだファイルを「Cドライブ」に保存していることも少なくない。「Cドライブ」の空き容量が足りなくなってしまうと当然だがこれらも行うことができない。
 「Cドライブ」と「Dドライブ」を同じハードディスク上にパーティションで区切って使っている場合、外部から取り込んだデータなどは「Dドライブ」に保存するべきだが、「Cドライブ」だけにデータを保存していて「Dドライブ」を全く利用していないというケースも少なくない。このようなときには本項で紹介する方法を使って「Dドライブ」分の容量を「Cドライブ」の容量拡張に使って空き容量を増やすのがおすすめだ。

【Windows 10】「Cドライブ」の拡張方法! 空き容量を増やすには?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCドライブWindows 10コマンドパーティション】の最新ニュースをいち早くお届けします。