スマホの「SIMロック」が“原則禁止”に、今後起こり得る問題点とは?

2021年1月27日、総務省の有識者会議がスマホのSIMロックを“原則禁止”にする方針を発表した。これにより、現在よりキャリアを乗り換えやすくなるとみられている。だが、そもそも「SIMロック」とは何なのだろうか? どうして今、総務省は「SIMロック原則禁止」に踏み切ったのか? 今回はスマホの「SIMロック原則禁止」へ至る過程と、今後起こり得る問題について解説しよう。

そもそもスマホの「SIMロック」って何なの?

 2021年1月27日、総務省は「スイッチング円滑化タスクフォース」の第4回会合において、スマホのSIMロックを“原則禁止”にする方針を示した。今後、大手キャリアで販売されるスマホにSIMロックが行われなくなれば(SIMフリー)、キャリア間の乗り換えがさらに活発になるとみられている。
 そもそもスマホの「SIM(シム)」とは、スマホ内部にセットされている電話番号などが記録された「ICチップ」のこと。スマホがSIMフリーであれば、SIMカードを交換することで簡単にキャリアの乗り換えが可能だが、「SIMロック」されたスマホの場合は、特定のキャリアのSIMカードしか利用できない。たとえば、ドコモで購入したスマホに、auやソフトバンクのSIMカードを差しても通信はできないため、キャリアの乗り換えを阻害していると考えられている。

「SIMフリー(SIMロックなし)」が当たり前の国では、SIMカードを差し替えるだけで簡単にキャリアの乗り換えができるようになっている

スマホの「SIMロック」が“原則禁止”に、今後起こり得る問題点とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidSIMSIMカードSIMフリーSIMロックSIMロック解除】の最新ニュースをいち早くお届けします。