会員数2億人突破のNetflix、突然の値上げも「問題はない」その理由とは

動画配信サービスのNetflixが値上げを発表した。作品のさらなる充実を図り、より価値の高いサービスを目指すためとしている。コロナ禍の“巣ごもり需要”で利用者が増え、現在の会員数は全世界で2億人を突破している。値上げには不満の声が上がる一方で、理解できるという利用者も多い。Netflixのオリジナルコンテンツの質の高さには目を見張るものがあり、それを見たい人のなかには今回の値上げに期待する人さえいるようだ。

動画配信サービスの中でもNetflixの満足度は高い

(Image:Studio R3 / Shutterstock.com)

190カ国で2億人以上が利用しているNetflix

 Netflixの値上げは、プランによって異なる。ベーシックプランはこれまで880円から990円に、スタンダードプランは1,320円から1,490円に変更となるが、1,980円のプレミアムプランは据え置きだ。Netflixの日本での値上げは2018年以来となり、コロナ禍を追い風に会員数を増やしたあとでは初となる。
 百数十円とはいえ、値上げのニュースに利用者からは不満の声も聞こえるが、逆に納得の声もある。動画に限った話ではないが、どんなサブスクリプションも利用しなければ毎月の支出だけが続いてしまう。あまり動画を見ることのないライトユーザーにとっては、値上げは痛手でしかない。不満を持つ気持ちもわからないことはない。しかし映像作品をしっかり見る人にとって、Netflixはもはや手放せない動画配信サービスとなっているのも事実。定額制動画配信の満足度ランキング(oricon ME)では、Netflixは4年連続満足度総合1位を獲得していて、特にオリジナル作品への評価は非常に高い。同じようなコンテンツが並ぶ地上波のラインナップに飽きた人たちが行き着いた先がNetflixなのだ。

会員数2億人突破のNetflix、突然の値上げも「問題はない」その理由とはのページです。オトナライフは、【動画・音楽Netflix】の最新ニュースをいち早くお届けします。