ドコモ「ahamo」はおトクの限界値なのか!? まだまだあるスマホプランの改善点

ここ半年ほど目まぐるしく展開が変わり続けているスマートフォンの契約プラン。とくに2020年12月にドコモの新料金プラン「ahamo」が発表されたことで、楽天モバイルを含む4大キャリアがこぞって本気の値下げに動きはじめたとも見ることができる。たしかにこれまでのキャリア契約と比べると飛躍的に安くなった、格安スマホとも勝負できるレベルのプランが目白押しだ。しかしよくよく注意して見てみると、「この部分もっと変えればいいのに」という部分が目につくことにお気づきだろうか?
今回は、調査データから見て改善する余地があるにもかかわらず、キャリア各社が放置している“とある部分”についてご紹介していきたい。

新プランに欠けている「使用する通信量」の視点

現在の“おトク”なプランの数々は多くが大容量プランだ

 まず知っていただきたいのは、私たちが毎月どの程度の通信容量を利用しているかだ。近年はスマホで動画を視聴する人も多く、そうした人たちのために大容量プランが存在しているのはご存知のことだろう。しかし、スマホゲームをやったりWebサイトを見たりする程度であれば、動画ほどの通信容量を必要としないことはいうまでもない。

 リサーチ会社・MM総研が2020年2月に実施した調査によれば、日本のスマホユーザーのデータ通信量は月に平均6.94GBだという。しかしこれは前述したような動画を見るようなユーザーがかなり押し上げており、中央値(調査人数の真ん中の順位にあたる人の数値)では3.00GBに。この調査では、実に59.2%が3GB以下の通信量という結果が出たという。さらに7GB以下まで広げると79.2%と、ほぼ5人に4人が該当することが明らかとなっているのだ。

ドコモ「ahamo」はおトクの限界値なのか!? まだまだあるスマホプランの改善点のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoAndroidauiPhonepovoUQ MobileY!mobileサブブランドドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。