Apple Watchの通話機能「トランシーバー」が便利すぎる! ボタンを押すだけで即通話

Apple Watchでは、電話やFaceTimeによる音声通話やビデオ電話なども可能だが、実はApple Watchには第三の通話機能「トランシーバー」機能も搭載されているのをご存じだろうか? 「トランシーバー」は、自宅やキャンプ場などで離れた場所にいる家族や友だちなどを呼び出すときに使うと、なかなか楽しい。そこで今回は、Apple Watchの独自機能「トランシーバー」の使い方と魅力について紹介しよう。

Apple Watch第三の通話機能「トランシーバー」とは?

 Apple Watchの通話機能は主に3種類ある。ひとつめは通常の「電話」。Apple WatchはiPhoneとペアリング(Bluetooth接続)をすることで利用できるようになるガジェットなので、iPhoneに届いた通知は基本的にApple Watchにも反映される。「電話」では、iPhoneへの着信をApple Watchで受けられるほか、Apple Watchから直に発信することも可能となっている。
 2つめは「FaceTimeオーディオ」。カメラ機能が搭載されたiPhoneなら、ビデオ通話のFaceTimeも使えるが、Apple Watchでは音声通話の「FaceTimeオーディオ」のみ利用可能だ。「電話」と違ってネット回線を利用し通話する機能なので、通話料金がかからないのが魅力。ただし、FaceTimeはiOS独自機能なので、相手がiPhoneでなければ利用できない。
 そして3つめが「トランシーバー」である。「トランシーバー」は非常にユニークな機能で、今のところApple製品ではApple Watchでしか使えない。もし、まだ使っていないならさっそく試してみよう。

Apple WatchはiPhoneとペアリングして使用する。iPhoneに届いた着信をApple Watch側で受けることができる。通話中は、片手をiPhoneで塞がれないので“ながら通話”には最適!

Apple Watchの通話機能「トランシーバー」が便利すぎる! ボタンを押すだけで即通話のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidApple Watchトランシーバー機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。