PayPayのスーパーアプリ化が急加速? 2021年に起こる大変革とは

QRコード決済の絶対王者「PayPay」が、さらなる進化を遂げそうだ。4月に「PayPay銀行」への名称変更が決まっているネット銀行「ジャパンネット銀行」の普通預金口座数が、500万口座を突破したことが発表されたのだ。すでに業界で不動の地位を築いているPayPayだが、これからジャパンネット銀行をはじめ多くの他業種のサービスを“PayPayグループ”にしていくことが決まっている。
今回は、新たなグループのシナジーを獲得していき、2021年にさらなる飛躍を遂げることが確実視されているPayPayの現状をお伝えしていきたい。

未来のPayPay銀行、口座数500万件を突破

デジタル化が進み、実店舗を持たないネット銀行も登場してきた

 日本初のネット銀行として2000年に開業したジャパンネット銀行は2021年2月8日、同月に普通預金口座の開設数が500万口座を超えたことを明らかにした。開業以来着実に口座数や決済件数を伸ばしていき、2015年頃から右肩上がりの急成長を続けていた状態だ。PayPayとも2018年から連携を強化しており、ジャパンネット銀行の口座から直接PayPay残高へのチャージができたり、出金が可能なPayPay残高「PayPayマネー」を手数料0円で出金できるなどの機能が充実している。QRコード決済でシェアナンバーワンのPayPayの強みも活かした結果、今回500万口座という大台に乗ったようだ。

PayPayのスーパーアプリ化が急加速? 2021年に起こる大変革とはのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。