日本で急増する詐欺の手口とは? 世界では詐欺電話と詐欺SMS、前年比190%増!

毎日のように詐欺被害がニュースで報じられる現在。世界中で次々と新しい手口の詐欺が生まれ、その発生件数は増加の一途を辿っている。2020年3月頃からは新型コロナウイルスの世界的流行に乗じた詐欺が急増しているという。迷惑電話対策アプリ「whoscall」が発表した「世界の詐欺レポート2020」によると、2020年の世界の詐欺件数は過去最多だった。
自分は大丈夫と思っていても、年々巧妙化するその手口にいつ引っかかってしまうとも限らない。被害にあわないためにここでは今注意すべきこと、身近な人らと共有すべきことを紹介する。

190%も増加した詐欺電話と詐欺SMS。コロナ禍が助長?

2020年、whoscallでは世界で2.8億件以上の詐欺電話と詐欺SMSが確認された

 全世界で8,000万ダウンロードされている台湾初の迷惑電話対策アプリ「whoscall」はその膨大なデータを元に「世界の詐欺レポート2020」を発表。「世界では国際詐欺電話と詐欺SMSの件数が2019年に比べ190%も増え過去最多を更新した」と、世界に向け警鐘を鳴らした。そのうちSMSによる詐欺の増加率がおよそ80%を占めていることも分かった。
 日本国内でも詐欺電話とSMSの被害は2019年に比べ178%と急増、新型コロナウイルスの流行に便乗した詐欺も数多く報告されている。

 日本で最も多く確認されている詐欺SMSは、宅配便業者を装った不在通知詐欺のメッセージだ。「ご本人様ご不在のためお荷物を持ち帰りました。ご確認ください。」などのメッセージとともに、URLが添付されているというもの。このURLをうっかりクリックしてしまうと、デバイスがウイルスに感染したり、個人情報が盗まれたりしてしまう可能性があるというから、見知らぬアドレスから送られてきたメッセージには要注意だ。
 whoscallが発表した2020年にあったフィッシング詐欺の危険なリンク上位3つは以下のものだ。

1. http://●●●.duckdns.org
2. http://●●●.ddns.net
3. http://●●●.top

 また、宅配業者だけでなく、AmazonなどのECサイトや、クレジットカード会社、金融機関などを騙ったさまざまな詐欺SMSが多発している。次々に新しいパターンが出てくるので、安全とわかるまで決してURLをクリックしないことが大切だ。

日本で急増する詐欺の手口とは? 世界では詐欺電話と詐欺SMS、前年比190%増!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスSMS詐欺フィッシング詐欺詐欺詐欺アプリ詐欺メール詐欺電話】の最新ニュースをいち早くお届けします。