Bluestacks(ブルースタックス)の動作が重い! 高速化、軽量化するには?

Bluestacksの動作が重くてお困りではないだろうか。Bluestacksの動作を高速化、軽量化する方法を紹介するので、Bluestacksの動作でお困りの方はこれから紹介するBluestacksが重いときの対処法をぜひ参考にしてほしい。

Bluestacksが重い!おもな原因は?

 パソコンでのBluestacksの動作が重いことで悩んではないだろうか。本記事では、Bluestacksが重いときにパソコンの設定などを確認することで、Bluestacksの動作を高速化・軽量化するための方法を紹介する。はじめに、Bluestacksが重いときに考えることができる、Bluestacksが重い原因について紹介しよう。Bluestacksの動作が重いときにはなぜ、動作が重いのか原因を確認してみよう。

・【原因①】インターネットの接続環境が悪い

 Bluestacksが重い原因としてパソコンのインターネット接続環境が悪いことが挙げられる。Bluestacks上でネットワーク通信を行うようなアプリを動作している場合、Bluestacksはパソコン側のインターネット接続を利用して、Bluestacks内でもアプリのインターネット接続を行うので動作が重い状態になってしまうことがある。

・【原因②】パソコンのストレージ容量が不足している

 パソコンのストレージが不足している場合、Bluestacksの動作にも影響が出て動作が重くなってしまう原因になる。Bluestacksが重いときにはパソコンのストレージの空き容量を確認しよう。

・【原因③】パソコンのメモリ容量が不足している

 Bluestacksはメモリを多く使うソフトだ。そのため、パソコンに実装されているメモリの容量が不足していると、Bluestacksの動作が重くなってしまう。BluestacksはAndroid端末のエミュレータとして動作するので、仮想で動作しているAndroid端末上でメモリ容量として活用されている分のメモリはホストマシンであるパソコンのメモリを占有してしまうのだ。

・【原因④】Bluestacksへのスペックの割り当てが不足している

 パソコンのOS側でBluestacksへのCPUなどのリソースの割当を手動で制限している場合には、Bluestacksへのスペックの割当が不足している可能性がある。BluestacksはAndroidエミュレータの中でもかなりスペックを必要とするエミュレータだ。そのため、手動でパソコンのリソースを調整している方は他のエミュレータよりも割当するリソースを多くしてみよう。

・【原因⑤】OSのバージョンが最新でない

 BluestacksはパソコンのOS側が持っているいくつかのサービスを利用している。そのため、パソコンのOSのバージョンが最新版ではない場合にBluestacksの動作が重くなったりエラーが発生したりする原因となってしまう。

・【原因⑥】アンチウイルスソフトが作動している

 パソコンにインストールされているアンチウイルスソフトによっては、アンチウイルスソフトの機能によってBluestacksの動作が妨害されてしまう可能性がある。また、アンチウイルスソフトによってBluestacksの起動そのものが制限されてしまう場合もあるので、アンチウイルスソフトを利用している方は、アンチウイルスソフトのブロック履歴などにBluestacksが含まれていないかを確認してみよう。

・【原因⑦】グラフィックドライバーが最新でない

 Bluestacksはゲーム系のアプリではとくにGPUを活用して画面描画をきれいに行なっている。そのため、グラフィックドライバーが最新ではない場合にBluestacks上で描画が重くなる可能性がある。

Bluestacks(ブルースタックス)の動作が重い! 高速化、軽量化するには?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスBluestacksパソコンパソコンが重い】の最新ニュースをいち早くお届けします。