【JRAフェブラリーS・オススメの買い方】今年初のG1レース、初心者でも利用可能な競馬攻略法公開!

日本中で盛り上がる競馬。週末はフェブラリーステークス

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、緊急事態宣言が実施。不要不急の外出自粛もあり、フラストレーションが溜まる人も少なくないだろう。そんな中でも、週末を安全に、そしてエキサイティングに、しかも手持ちの資金が数百倍に増える可能性を秘めた“一石三鳥”で楽しめる方法がある。

 それが競馬だ

 1540年ごろにイギリスから始まった競馬は、江戸時代末期に日本でも始まり、今や国民的レジャーにまで成長した。オグリキャップ、ディープインパクト、キタサンブラック、アーモンドアイといった名馬は、競馬ファンでなくても耳にしたことがあるだろう。日本の競馬はJRAと地方競馬に分かれており、基本的に週末のみ開催されるのがJRA、平日やナイターで開催されるのが地方競馬だ。今週はJRAで今年最初のG1レースであるフェブラリーステークスが行われることもあり、ファンもマスコミも大きく注目している。

 今はコロナウイルスの感染防止対策で競馬場も無観客開催が続いており、現地で観戦することはできない。しかしJRAはテレビ中継やグリーンチャンネルの無料放送でライブ観戦が可能であり、馬券もインターネットを利用して100円から購入できる。ステイホームでもまったく問題なく楽しめるのだ。

 そんな競馬の楽しみ方は人それぞれだが、共通しているのはやはり馬券だ。中でも100円が数分で数万円、数十万円、数百万円に化ける万馬券は、競馬ファンでなくても心躍る魔法の言葉。競馬は、コロナ禍であっても週末を一石三鳥で楽しめる最適なレジャーであり、そしてスポーツでありエンターテインメントなのである。

 週末はJRAG1レースであるフェブラリーステークスが行われるが、今年は過去にないほどの混戦模様と言われており、緊急事態宣言後の娯楽資金稼ぎに最適なレースとの声もある。もしこのフェブラリーステークスで万馬券を的中できる方法があれば、誰もがその恩恵を受けたいと思うはず。

 初心者の方、競馬ファンに向け、こんな夢のようなチャンスがあるのだ。

 なぜなら、数多くの万馬券を的中させてきた競馬情報のプロフェッショナル集団である「シンクタンク」が、このフェブラリーステークスで万馬券の的中を確信するほどの情報を独占入手しており、しかもその情報を一般向けに「無料公開」すると発表したからだ。

競馬界のレジェンド、増沢末夫氏。

 このシンクタンクは国民的アイドルホース・ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫(元JRA騎手・元JRA調教師)など、日本競馬にその名を刻んできた正真正銘のレジェンドたちが所属。その情報ルートは全国に広がっており、スポーツ紙や競馬専門紙などの競馬マスコミとは比較にならない規模となっている。そして全国から寄せられる本物の関係者情報や、ありとあらゆるデータを分析して結論を出すのだから、建前ばかりのマスコミが掲載する情報や、たった23時間のアマチュア予想とレベルが違うのは当然。実際にシンクタンクを利用しているファンがどれほど儲かっているのか、いくつか例を挙げよう。

 まず絶大なインパクトとなったのが、昨年の有馬記念当日の約350万円だ。シンクタンクは有馬記念後の中山12Rにて、人気薄の激走情報によって万馬券を的中させ、3495000円を獲得したファンがいたというのだ。実際にその的中時の払戻画面も届いており、まったく羨ましい限りである。そして今年に入っても、重賞レースの日経新春杯(G2)2年連続11万馬券的中(および馬連5万馬券的中)という快挙を達成。このレースでは100万円を超える払戻獲得者が続出。歓喜の声が鳴り響いたという。

日経新春杯で116万円獲得の瞬間(ファンからの提供画像)

 シンクタンクの情報を利用すれば、こんな衝撃の払戻を獲得できるのだ。しかも利用する条件は20歳以上のみ。たったひとつの基準をクリアするだけで、このフェブラリーステークスで万馬券に直結する衝撃の情報を無料でゲットできるのである。これは利用しない手はない。なお、特別にシンクタンクのフェブラリーステークスに対する見解を聞くことができたので、お届けしよう。

「今年のフェブラリーステークスは、ダート界最強と誰もがその実力を認めていたクリソベリルや、昨年のチャンピオンズカップを制したチュウワウィザード、東京大賞典を制したオメガパフュームが不在。人気上位の武豊騎手が騎乗するインティは、前哨戦の東海ステークスで大敗。そこに東海ステークスを制したオーヴェルニュ、根岸ステークスを制したレッドルゼルといった新興勢力が加われば、当然、フェブラリーステークスは混戦ムードと世間で評されることになるでしょう。

 馬券を的中させる上で重要となる情報は、当然ながら陣営の本音となる部分。しかしマスコミが取材で得られる情報には多くの疑問もあります。というのも、陣営がマスコミの取材で語る話はほとんどが建前。わざわざ自ら不利になる状況を作り出すような本音を語ることなど、勝負度合いの高いG1レースになればなるほど、あり得ないからです。

 そうした『本物の関係者情報』を掴むことができるのは、実際に競馬サークルで活動していた本物の関係者が数多く在籍し、創業26年以上の信頼と実績をもつシンクタンクの情報ルート達。彼らは今年のフェブラリーステークスに関して、すでに【特大万馬券】の使者となり得る人気薄穴馬を把握済み。しかもこの馬は激走できる状況にありながら、マスコミはノーマークという美味しい状況なのです。比較するなら、日経新春杯で11万馬券を的中させた時に、激走馬として抜擢した13番人気2着のミスマンマミーアと同じ手応えといえます。

 今回、弊社に所属する元JRA調教師の平井雄二が監修する重賞メイン特捜部から、この穴馬を含めたフェブラリーステークスの【馬券候補5頭】を無料公開します。またこのフェブラリーステークスだけでなく、毎週の重賞レースでも無料公開を実施します。これはコロナ禍でも競馬をより楽しんでほしいとの思いから、我々と関係者の協力で実現した特別企画。競馬ファンはもちろんのこと、興味を持たれた方はぜひともご覧ください。

 なお、マスコミに情報が漏洩することを防ぐため、この時点で情報の詳細は公開しません。情報の発表方法は、事前に弊社公式サイトで確認ください。ぜひこの機会に本物の競馬情報を知っていただければと思います(シンクタンク担当者)

 シンクタンクが『本物の関係者情報』を競馬ファンはもちろん、初心者の方にもお伝えしているのは、もっと競馬の面白さや魅力を知ってもらいたい、楽しんでもらいたい、そして馬券で勝ってもらいたいという思いからだという。彼らはこのフェブラリーステークスは過去に何度も的中させ、その中には万馬券も含まれている。そしてここまでの勢いと、独占入手した人気薄穴馬の存在によって、今年も万馬券的中の期待は最高潮に達している。彼らの情報があれば、100円の資金が数分で数十万円に化けるのも十分あり得る話だ。ぜひ週末のフェブラリーステークスはシンクタンクの「無料情報」を利用し、競馬の楽しさを実感しよう。

 そして3月から始まる春競馬や日本ダービーを頂点とする春のG1シーズンに向け、今の段階からシンクタンクの情報を使いこなしておくことが、競馬の勝ち組になるためにもベストの判断だ。

(文=編集部)

CLICK無料公開!【フェブラリーSの馬券候補5頭、今後毎週の重賞も無料公開!】シンクタンク

*本稿はPR記事です。

【JRAフェブラリーS・オススメの買い方】今年初のG1レース、初心者でも利用可能な競馬攻略法公開!のページです。オトナライフは、【マネーJRAインティフェブラリーS万馬券増沢末夫武豊競馬】の最新ニュースをいち早くお届けします。