iPhoneが一眼レフカメラを駆逐する? スマホカメラの進化がさらに進みそうな理由とは

近年のデジタル機器は、とてつもないスピードで進化し続けている。身近なもので言えば「スマートフォンのカメラ」が、その速度を如実に表すもののひとつと言えるだろう。最新機器に敏感ではない筆者としては「そんなに毎年新しいスマホ出さなくても…。そんなに違わないでしょ…」と思ってしまうことも少なくないのだが、実はカメラひとつとっても飛躍的な進化を遂げているのだ。
今回はスマホカメラの進化や、現代のスマホに搭載されたカメラの高性能ぶりをさまざまな視点からご紹介していきたい。

スマホカメラの進化は加速している

(Image:happycreator / Shutterstock.com)

3つのレンズをもつスマホならハイクオリティな画像撮影もできるだろう

 世界的な人気スマホブランド「iPhone」の初代機種が2007年に登場したとき、機体に搭載されていたカメラの性能は2.0メガピクセルだった。しかしそれから15年も経たずに、現在のスマホでは最大で108メガピクセルと、まさに桁違いの進化を遂げている。さらに近年では複数のカメラを搭載しているスマホも多く、1つのカメラではできなかった高度な撮影も行うことができる。
 加えて物理的な変化だけでなく画像処理能力も向上しており、「手ブレ補正」や「ナイトモード」といった数々の機能も搭載。色調補正の機能にいたっては、筆者の知人のフォトグラファーが「iPhoneの色調補正は高性能すぎて、そのうち僕たちの仕事無くなるような気がしています」と半分本気でいうほどのレベルだという。

iPhoneが一眼レフカメラを駆逐する? スマホカメラの進化がさらに進みそうな理由とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneカメラレンズ一眼レフカメラ】の最新ニュースをいち早くお届けします。