東京メトロと都営地下鉄の乗り継ぎで得する「改札外乗換」って何?

東京の地下鉄は「東京メトロ」と「都営地下鉄」の2社が乗り入れており、通常、この2社で別々に切符を買って乗り換えるとそれぞれに初乗り運賃がかかってしまう。だが「改札外乗換駅」で乗り換えると“乗継割引”が適用されるうえ、“最短経路”で運賃が再計算されるので大変お得になるのだ。しかも、改札外乗換駅なら一旦改札を出て60分以内に戻ればOKなので、ちょっとした買い物や食事を済ませることも可能となっている。そこで今回は、あまり知られていない東京の地下鉄のお得な乗り換え術について解説しよう。

「改札外乗換駅」での乗り換えは70円も得する!

 東京都内の地下鉄は9路線の東京メトロ、4路線の都営地下鉄の2社が乗り入れているが、東京メトロと都営地下鉄間で乗り換える場合は「乗換割引」が適用されて70円引きになるのをご存じだろうか? 最近は交通系ICカードの「PASMO」や「Suica」などで乗車することが多いので、気付かない人も多いかもしれない。
 この東京メトロと都営地下鉄間で乗り換える場合に、ぜひ覚えておいてほしいキーワードが「改札外乗換駅」である。「改札外乗換駅」とは、地下鉄の改札を一旦出てから違う路線に乗り換えても割引が適用される駅のこと。「改札外乗換駅」は浅草、日本橋、新橋、新宿三丁目などのほかに、駅名が異なる「淡路町・新御茶ノ水と小川町」「上野広小路・仲御徒町と上野御徒町」「秋葉原と岩本町」など全29駅が対象となる。
 たとえば、都営新宿線「岩本町」から東京メトロ「早稲田」に行く場合、「岩本町-九段下」間は170円、「九段下-早稲田」間は180円なので、別々に切符を買えば計350円かかるが、乗継割引が適用されると70円引きの280円で済むのだ。

■東京で地下鉄を乗り換えるときの割引のポイント
【1】東京メトロと都営地下鉄の乗り換えは、駅名が異なる場合でも「改札外乗換駅」であれば「乗換割引」が適用され70円引きになる
【2】「改札外乗換」では実際のルートではなく“最短距離”の運賃が適用される
【3】「改札外乗換」の制限時間は60分なので、60分以内なら改札を出て買い物や食事をしてもOK(ICカードの場合)※切符の場合は乗り継ぎ時間制限はない

東京メトロと都営地下鉄の乗り換えでは70円の乗換割引が適用される。また、一旦改札を出る「改札外乗換駅」は29駅もあり乗換割引が適用される。ちなみに、九段下は東京メトロと都営地下鉄の改札内乗換が可能となっている

東京メトロと都営地下鉄の乗り継ぎで得する「改札外乗換」って何?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ改札外乗換東京メトロ都営地下鉄電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。