食品の健康への影響をAIがついに見える化! これでもあなたは「食べたい物」を食べられる?

株式会社シグナルトークが世界ではじめて、AIがすべての市販食品の健康への影響を判定してくれる「FoodScore(フードスコア)」のアプリをリリースしたと発表。なんと食品のバーコードや原材料名から、それぞれの食品の健康への影響をAIが数値化しリスト化してくれるといい、明確な指標で食品の購入の判断を手助けしてくれるようだ。消費者がこのアプリを使って原材料名に気をつかう風潮ができれば、既存の食品もよりよいものになっていくのでは。今注目のアプリについて追っていきたいと思う。

食への意識をアプリで変える?

健康への影響が明確にわかる

 世界初の新サービスFoodScoreは2月4日から利用無料で開始している。ウェブ版では、「すぐ食べられる」「自炊用」などのジャンル別、あるいは好きなキーワードを入力すると、商品リストを見ることができる。このリストには、投稿による美味しさの評価や口コミが表示され、健康度や美味しさ、原材料の表示なども把握することができるようになっている。

(Image:food-score.tech/lp)

 さらにアプリ版では、食品のバーコードや原材料をスキャンすると、「健康度スコア」という国のデータや専門家の知見、ヘルスケア事業データ等を基に算出された健康への影響をAからEまでの5段階で表す独自指標で知らせてくれる機能があるという。バーコードでの読み取りは、日本の市場で約16万種類が流通していると言われる食品のなかで、すでに5万種類をカバーしているようだ。こういったアプリでは商品が読み取れないということ自体がストレスになり、利用をやめてしまう人も多いと思われる。リリース段階でこのカバー範囲は大きなメリットになりそうだ。

 

食品の健康への影響をAIがついに見える化! これでもあなたは「食べたい物」を食べられる?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフFoodScore健康】の最新ニュースをいち早くお届けします。