【Microsoft Teams】会議で画面共有する方法! できないときの対処法も解説

Microsoft Teamsの会議で画面共有機能を使う方法をご存知だろうか。画面共有機能を使えば、Teamsでオンライン会議を行いながら同じ画面を参加者同士で見ることができる。本記事ではTeamsの会議で画面共有機能を使う方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

【Teams】会議の画面共有とは

(Image:microsoft.com)

 Microsoft Teamsに搭載されている会議で利用可能な画面共有機能をご存知だろうか。本記事では、Teamsの会議で画面共有機能を使う方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。はじめに、Teamsの会議に搭載されている画面共有機能とはどのような機能なのか紹介するので、画面共有機能についてご存知ではない方は参考にしてほしい。

・自分の画面を相手に共有できる

 Teamsの会議で利用できる画面共有機能とは、自分のパソコンで表示されている画面をTeamsで会議中のメンバーと共有できる機能だ。また、Teamsの画面共有機能では自分のパソコンで表示されている画面全体の共有ではなく、自分が指定したウィンドウのみの画面表示を共有することも可能だ。
 この機能を使うことでTeamsの会議で離れた場所にいるメンバー同士でひとつの画面を確認しながら資料の作成や作品の作成を行うことができる。さらに、Teamsの画面共有機能には共有されている画面を参加者がリモートで操作できる機能も搭載されているので、作業サポートなどにも利用可能だ。
 なお、今回はTeamsの会議で画面共有機能を利用する方法を紹介するが、実はTeamsのチャット機能にも画面共有機能が搭載されている。チャット機能に搭載されている画面共有機能も基本的は、Teamsの会議で利用できる画面共有機能と使い方は同じだ。チャットで画面共有機能を使いたい方も本記事でチャット機能から画面共有機能を使う方法も紹介するので参考にしてほしい。

・画面共有できるコンテンツは4種類

 Teamsの画面共有機能で共有することができるコンテンツには4つの種類がある。実際にTeamsの画面共有機能を使う方法を見ていく前に、画面共有機能で共有可能なコンテンツについて紹介しておく。
 Teamsの画面共有機能では、「デスクトップ(画面に表示されている画像全体)」、「特定のウィンドウ」、「PowerPoint(指定したPowerPointの閲覧のみ)」、「参照(任意のファイル)」がある。
 これらをうまく使い分けるにはTeamsの画面共有機能をどのような目的で使用するのかを考えるとわかりやすい。たとえば、ExcelでデータをまとめながらPowerPointで会議資料を相談しながら作る場合には、ウィンドウを切り替えたりPowerPointの操作を行いたいので「デスクトップ」の画面共有を利用し、プレゼンや商談ですでにある資料をTeams会議の参加者に見てほしいときには「PowerPoint」や「参照」を利用するのが便利だ。
 また、リモートワークで行なっている作業を確認したいという場面であれば「特定のウィンドウ」で業務ツールのウィンドウだけを指定しておけば、確認される社員のデスクトップに保存されている個人ファイルや通知などを守ることができる。

・新しい機能を搭載した開発者ツールの提供も

 Teamsの画面共有機能には開発者向けにまだ実装されていない新しい機能を試すことができる、「開発者ツール」の提供もある。もし、Teamsを使ったビジネスツールの開発を行っているのであれば試してみるとよいだろう。

【Microsoft Teams】会議で画面共有する方法! できないときの対処法も解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftMicrosoft TeamsWeb会議テレワークビデオ会議在宅勤務画面共有】の最新ニュースをいち早くお届けします。