【効率化!】「Microsoft Teams」と「Outlook」の連携方法!

「Microsoft Teams」と「Outlook」を連携させて利用する方法をご存知だろうか。「Teams」は「Outlook」と連携させて利用することができ、日々のオンライン会議のスケジュールを効率的に行うことができる。連携方法を紹介するので参考にしてほしい。

【効率化!】「Teams」と「Outlook」の連携方法

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

 「Microsoft Teams」と「Outlook」を連携する方法をご存知だろうか。「Teams」と「Outlook」はともにMicrosoftのOffice 365製品群のツールだ。そのため、「Teams」と「Outlook」はそれぞれをシームレスに連携させて利用することができる。
 本記事では「Teams」と「Outlook」を連携させる方法と「Teams」と「Outlook」を連携させてから、「Teams」と「Outlook」それぞれでお互いを呼び出す方法について紹介するので「Teams」と「Outlook」の連携機能をまだ利用したことが無い方はぜひ、この機会に「Teams」と「Outlook」の連携機能を活用して業務の効率化に役立ててほしい。

・デスクトップ版の場合

 デスクトップ版アプリの「Teams」と「Outlook」を連携させる方法を紹介しよう。「Teams」と「Outlook」にはどちらにもWebアプリ版の「Teams」と「Outlook」があるので、自身の利用している「Teams」と「Outlook」がデスクトップアプリ版なのか、Webアプリ版なのかを確かめてから、「Teams」と「Outlook」の連携機能を利用しよう。
 なお、デスクトップアプリ版の「Teams」と「Outlook」を連携させるには、当然ではあるがあらかじめPCに「Teams」と「Outlook」のデスクトップ版アプリが両方インストールされている必要がある。
 Office 365を利用している場合には「Teams」と「Outlook」のデスクトップアプリをどちらもダウンロードしてインストールすることが可能なので、「Teams」と「Outlook」の連携機能を使う前にインストールしてほしい。

デスクトップアプリ版の「Teams」と「Outlook」で連携機能を使う方法を紹介する。デスクトップアプリ版の「Teams」と「Outlook」では両デスクトップアプリがPCにインストールされた状態であれば、「Teams」と「Outlook」の連携機能はすでに利用できる状態になっている。「Teams」と「Outlook」の両デスクトップアプリがインストールされたPCで「Outlook」を起動して「ホーム」リボンを確認すると「Teams」のアイコンが表示されている

・Outlook Web Appの場合

 Webアプリ版の「Teams」と「Outlook」を連携させる方法を紹介しよう。Webアプリ版の「Teams」と「Outlook」の連携は「Outlook Web App」を使って連携することができる。

「Teams」と「Outlook」がともに利用できるOffice 365環境下であれば、Webアプリ版の「Teams」と「Outlook」を連携させる際にはとくに操作は必要がない。「Outlook Web App」を起動させると、「Outlook Web App」の画面に「今すぐ会議を開始」という項目が表示されており、この部分から「Teams」を呼び出す事ができる

・Outlook for Macの場合

 「Outlook for Mac」の場合も、デスクトップアプリ版「Teams」と「Outlook」を連携させる方法と同様の方法で連携機能を利用できるが、Mac版の古いOfficeパッケージを利用している場合には、「Outlook for Mac」に「Teams」を利用するためのアドインがパッケージされていない場合がある。その場合には、Office 365の「Teams」と「Outlook」を利用できるプランを契約して最新版の「Teams」と「Outlook」を利用する必要がある。

【効率化!】「Microsoft Teams」と「Outlook」の連携方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftMicrosoft TeamsOutlook】の最新ニュースをいち早くお届けします。