楽天市場がECサイトの支持率で1位獲得を後押しした存在とは

いまや無くてはならないお買い物の場となったネット通販サイト。そんな通販サイト利用に関するアンケート(アンケートサイト・ボイスノート実施)で最も好きな通販サイトのランキングが明らかに。そんな注目の順位は、1位「楽天市場」、2位「Amazon」、3位「Yahoo!ショッピング」という結果になった。この順位を見て、あの世界のAmazonが2位なの!?と驚かれた方も多いのではないだろうか。このランキングだけでもちろんすべてがわかるわけではないが、楽天市場が世界的企業・Amazonを上回った理由は、やはり今注目の楽天経済圏が大きな影響を及ぼしているように思えるがはたして。アンケートの詳細含め、ネット通販サイトの動向について追いたいと思う。

品は揃っていることが前提に

(Image:magazine.voicenote.jp)

キャンペーンに注目する人が多くなっている

 Amazonを抑え、最も好きな通販サイトに選ばれた楽天市場。そんな楽天市場を選んだ人たちの選出理由のコメントは以下の通りだ。「商品が豊富だし、魅力的なキャンペーンがあるから」「在庫が豊富で、迅速な対応がある」「ポイントをためやすいのと、いろいろなキャンペーンを行っていて、買い物をする楽しさがある」「楽天ポイントが使えて、楽天銀行から手数料なしで支払えるから」などが挙げられた。コメントから見るに、ネット通販なので「商品が豊富、迅速な対応」という直接のサービス部分はもちろんのこと、「ポイント・キャンペーン・手数料なし」という楽天経済圏だからこそ受けることができる特需を理由に挙げた声が目立つ結果に。

 一方で、楽天市場の後塵を拝す形になったAmazon。そんなAmazonを選んだ人たちの選出理由のコメントは以下の通りになった。「会費無料の一般会員でも、買い物合計金額次第で、送料無料になる場合がある」、「少額の商品でも、販売店が違っていても、まとめて購入すると、送料無料の特典を受けることができる場合がある」「Amazonプライム会員なら送料無料で発送が早いし、品揃えが豊富」というような声が見受けられた。Amazonプライム会員についての特典を述べるものもあったが、圧倒的な品ぞろえや、送料などについて言及するものが楽天市場に比べれば多かったようにも思える。

楽天市場がECサイトの支持率で1位獲得を後押しした存在とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonECサイトYahoo!ショッピング楽天楽天市場】の最新ニュースをいち早くお届けします。