Facebookで“進捗報告おじさん”増殖中。斜陽サービスはかつての栄光を取り戻せるか

SNSの代表格としても知られるFacebook。現在もアメリカの巨大IT企業を指す「GAFA」の一角にも数えられるなど、世界的にはまだその影響力は絶大だ。しかし近年の日本国内ではかつての栄光はどこへやら、現在はTwitterやInstagramといった後から隆盛してきたSNSにそのポジションを奪われて久しくなっている。新規の若者が寄り付かず、流行した10年ほど前に利用をはじめた既存ユーザーはそのまま“おじさん”と呼ばれる年齢となり「おじさんの使うSNS」というイメージすら定着しはじめているという。
今回は、現在のFacebookに住まうとあるユーザー層についてご紹介していきたい。

かつて一世を風靡したFacebookというSNS

30代以上の読者の中には、このUIを見慣れた人もいることだろう

 Facebookといえば、日本国内では2011年頃から流行しはじめたSNSの草分け的存在だ。アカウントを登録するだけで自身の情報を発信できる手軽さが人気を博し、老若男女問わず多くのユーザーを獲得していった。中でもユーザー層の中心となったのはFacebookをビジネスツールとして利用する人々。自身の手掛ける事業をFacebook上で発信しながら、オンラインで他社とのつながりを容易に獲得できることが人気の秘訣となったのだ。
 また多くの大学生もこぞってアカウントを作成し、先進的な企業がFacebook上で発信する情報を獲得するための就活ツールとしても用いられていた。

Facebookで“進捗報告おじさん”増殖中。斜陽サービスはかつての栄光を取り戻せるかのページです。オトナライフは、【SNSFacebookSNS進捗報告おじさん】の最新ニュースをいち早くお届けします。