ノイズキャンセリングが凄いと話題のソニー「WF-1000XM3」を実際に使ってみた!

ポータブルオーディオデバイスはBluetooth接続が主流となり、使い勝手が飛躍的に向上している。最近は完全ワイヤレスはもちろん、ノイズキャンセリング機能が搭載された機種も多く、うるさい場所でも音楽をクリアに楽しめるようになってきている。そこで今回は「ノイズキャンセリング性能が凄い!」と話題のソニー「WF-1000XM3」を筆者が購入し、実際に使ってみてどのくらい凄いのか検証してみたぞ!

ソニー「WF-1000XM3」は基本性能がメチャ高い!

(Image:Syafiq Adnan / Shutterstock.com)

 ポータルブルオーディオデバイスとセットで使用するイヤホン選びに悩んでいる人は多いだろう。最近人気があるのは、左右のイヤホンがそれぞれ独立した「完全ワイヤレスイヤホン」と呼ばれるもの。なかでも「WF-1000XM3」はソニーのフラッグシップモデルで、ノイズキャンセリングが凄いと話題の製品だ。「WF-1000XM3」はバッテリー性能も高くノイズキャンセリング利用時でもイヤホンに搭載されているバッテリーのみで6時間動作するが、ケースのバッテリーで3回も充電できるため合計24時間使用できるのだ。また、「WF-1000XM3」は急速充電にも対応しており、ケースに入れて10分間充電するだけで90分も利用できる。さらに、ノイズキャンセリング以外にもマイクが搭載されヘッドセットとしても使えるため、パソコンとBluetooth接続すれば、オンライン会議にも利用できるのである。このように基本性能だけでも十分素晴らしい「WF-1000XM3」だが、実勢価格は2万円前後するので、本当に凄いのか気になっている人も多いだろう。果たして「WF-1000XM3」は買いなのか?

ソニー「WF-1000XM3」は手のひらに収まる大きさだが、他社の完全ワイヤレスイヤホンのケースと比べるとやや大きめ。ボディはつや消しだが、フタ部分はメタリック加工でなかなか高級感がある

接続はUSB Type-Cで、ケースのバッテリーも1.5時間で充電が完了する。朝起きたときに充電を忘れていても、通勤準備時間である程度充電できるのがうれしい

ノイズキャンセリングが凄いと話題のソニー「WF-1000XM3」を実際に使ってみた!のページです。オトナライフは、【デバイスBluetoothイヤホンSONYWF-1000XM3ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。