ノイズキャンセリングが凄いと話題のソニー「WF-1000XM3」を実際に使ってみた!

実際に使って良かった意外な機能とは?

 実際に筆者がソニー「WF-1000XM3」を使って良かったた機能を紹介しよう。まずはヘッドセット機能。実はこれがテレワークでのオンライン会議で大活躍した。ノイズキャンセリングばかり注目され、あまりマイク機能が注目されていないのはかなりもったいない。次は「WF-1000XM3」は左右どちらかがバッテリー切れでも、片方だけで聞くことができること。安価な製品は片方のバッテリーが切れると両方聞こえなくなることが多いので、意外とありがたかった。もちろん、片方でもヘッドセットとして使えるので、もう一方を充電しておけばオンライン会議中にバッテリーが切れても、すぐにもう片方に取り替えられる。
 3つめは外音を取り込んで一緒に聞こえる「アンビエントサウンド」モード。とくに電車の車内放送などが聞こえなくなると乗り過ごす可能性があるので、実際に使ってみると実用的な機能だと感じた。最後はスマホアプリと連動することで、イコライザはもちろん、左右のタッチセンサーの機能切り替えなどを、自由にカスタマイズできること。さらにスマホのGPSと連動することで歩行時はアンビエントサウンド、電車内ではノイズキャンセリングとモードを自動切り替えできるのは素晴らしい。

スマホに接続して音楽を聞いているときに着信があると、タッチセンサーで通話開始。通話が終了すると、一時停止されていた音楽が自動で始まるのが凄い

「WF-1000XM3」は片耳だけでもヘッドセットとして接続できる。この機能は安価な製品では非対応なことが多く、オンライン会議でバッテリー切れの心配がなくなった

「WF-1000XM3」のアプリでは現在の体の状態を検知してくれる(左写真)。よく行く場所を地図から指定し、専用設定に切り替えることができる(中写真)。電車内専用設定も可能で利用環境で細かく設定できるのが素晴らしい(右写真)

ノイズキャンセリングが凄いと話題のソニー「WF-1000XM3」を実際に使ってみた!のページです。オトナライフは、【デバイスBluetoothイヤホンSONYWF-1000XM3ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。