ドコモ「ahamo」以外は全滅? 安さを求めるあまり携帯各社に欠落した“ある視点”

ここ数ヶ月でスマホキャリア各社の料金が一気に値下がった。正直なところ「じゃあこれまでの金額は何だったんだ…?」という気がしないでもないのだが、安くなることに関しては喜ぶべきことなのは間違いない。となると次は楽天モバイルを含めたキャリア4社の新プランの中から自分に合った条件のプランを選ぼう…とすると今度は別の問題が浮上してくることにお気づきになるだろうか。
今回は、新プランでもいまだに残るスマホ契約の“悩みどころ”をご紹介していきたい。

ドコモ「ahamo」は“安価”で“シンプル”なプランを提案も後続は…

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

サラリーマンには欠かせないスマホが安くなるのはいつの日か

 2020年12月にドコモが新プラン「ahamo」を発表して以降、キャリア業界に値下げ競争の波が訪れた。各社とも他サービスとは違う独自の付加価値をつけようと躍起になっている。

 先鞭をつけたahamoの武器は、「20GBで2,980円のプランだけ」というシンプルさ。これまでスマホのプランで盛り込まれることも多かった各種割引サービスの数は少なめとなっているが、ユーザーが迷う余地を無くした画期的なシンプルプランだ。
 続いて登場したのは年明けにauが打ち出した「povo」。こちらも「20GB・2,480円」というシンプルさを持ちながら、「5分以内通話かけ放題」「データ使い放題24時間」等、ユーザーの使い方に合わせて“トッピング”ができるというカスタマイズ性が特徴だ。
 SoftBankの「SoftBank on LINE」は、なんといっても「LINEギガノーカウント」とLINEモバイルを合併吸収した強みを最大限に活かしたプランとなっている。
 4プランの中で最後の登場となった楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は、使用した通信量によって料金が変動する従量制を採用。「1GBまで0円」という思い切った料金設定が大きな話題となっている。
 さらに各社とも「PayPayボーナス」や「dポイント」といった各グループのサービスで利用できるポイントを獲得できるキャンペーンも実施しており、各経済圏のユーザーにとってありがたい施策も用意されているようだ。

ドコモ「ahamo」以外は全滅? 安さを求めるあまり携帯各社に欠落した“ある視点”のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoauNTTドコモpovoSoftBank on LINEソフトバンク楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。