スマホ5Gのトレンドはコスパ重視のauやソフバンか、 性能重視のドコモ、楽モバか?

2020年3月からサービス展開された5Gは、都市部を中心に段階的にサービスが開始されている。日本国内では3大キャリアの「ドコモ」「au」「SoftBank」のほか、「楽天モバイル」も5Gサービスを提供中である。アプリ開発やWebシステムなどを行う株式会社クロス・コミュニケーションによると、次世代移動通信とも言われる5Gは4Gと比較して通信速度が約20倍となる。さらに4Gと比べて、通信上の遅延が10分の1にまで削減できるため、リアルタイムの通信環境がより向上していくことが期待されている。
そんな5Gだが、大手キャリアが5G対応スマートフォンを続々と販売している。中でもauとSoftBankは、コストを抑えたエントリーモデルを幅広く展開していくという。

5G対応のエントリーモデルが増加中

これからはハイエンドよりもミドルレンジのスマホが人気となるのか

 これまで5G対応スマホとなると10万円を超えるものが多かったが、2020年の秋冬頃から5万円以下のエントリーモデルが増えてきている。SoftBankでは、中国に本社を置く総合家電メーカー・Xiaomiとタッグを組み、2月下旬には新しく5G対応の「Redmi Note 9T」を発売する。本体価格は19,637円(税別)と安価ながら、5000mAhの大容量バッテリー搭載のほか、約4,800万画素のメインカメラやナイトモード、マクロモードを楽しめるAIトリプルカメラも搭載するという価格以上のスペックを有している。また、他社から乗り換えれば本体価格とほぼ同等に割り引いてくれるため、発売前から注目が高まっている。
 一方のauでは新たに、2機種の5G対応スマホを発売予定だ。販売予定なのはサムスン電子製の「Galaxy A32 5G」とOPPO製の「OPPO A54 5G」だ。Galaxy A32 5Gは31,190円(税込)と、従来のスマホの価格と機能性を比べてかなり価格が抑えられ、思わず手に取りたくなってしまうだろう。

スマホ5Gのトレンドはコスパ重視のauやソフバンか、 性能重視のドコモ、楽モバか?のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5Gauスマホソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。