PayPayで通信エラーが発生したときに実践したい対処方法!

PayPayを使っていて、エラーメッセージが表示された、なぜか支払えなかったといった経験はないだろうか。支払いたいときに使えないのはストレスが溜まり、一刻も早く解決したいものだ。今回はPayPay通信エラーになってしまったときに試したい対処策や、考えられる原因について説明しよう。

PayPayで通信エラーが出たときの対処方法

PayPayの通信エラーやトラブルとして報告されているパターンは、主に以下のとおり。

・「通信エラーが発生しました」のメッセージが表示される
・レジでなぜか決済できない
・ログイン画面に戻ってしまい、再ログインができない
・PayPayで送金したが、届いていないor受け取れない

こういった問題に対してできる対処策を、できる限り多く挙げてみた。

■PayPayアプリの再起動

 PayPayの支払い画面をずっと表示させていると、支払えなくなることがある。そんなときに手軽に試せる手段で、PayPayをいったん終了させたうえで、タップして再起動する方法だ。

■VPN接続のやり直し

 筆者もときどき実践する方法で、VPN接続ができていないとアプリ起動や支払いがうまくいかないことがある。スマホのVPNをいったんオフにしてから改めてオンにして、接続されたことを確認しよう。

 ちなみにVPN接続とは「仮想専用線」のことで、インターネット上に仮想の専用線を設け、安全なルートを確保した上で接続する方式だ。利用者のプライバシーを保護し、第三者によるハッキングを防止するのに役立つ。まだVPN接続を導入していない人は、すぐに導入しておくのがおすすめだ。

■Wi-Fi接続をオフ

 コンビニなどのWi-Fiで接続していて、なぜかPayPayを使えなくなった人もいるようだ。Wi-Fiはいったんオフにして、携帯電話会社の電波に切り替えよう。

■スマホの電源をオフ

 スマホの電源を1回オフにしてから、再度起動してみよう。通信状況が改善され、支払いができるようになるケースがある。

■アプリの更新

 アプリのバージョンが古いままだと、使えなくなることがある。たとえば2020年5月11日0時から、iOSはバージョン2.27.2未満、Androidはバージョン2.27.0未満が使えなくなった。

PayPayは随時アプリをアップデートしているため、古いバージョンの場合は更新してみよう。

■アプリの再インストール

 アプリをいったん削除し、改めてインストールし直す手段だ。必然的に、PayPayの最新版をインストールすることになる。手順は以下のとおり。

1.PayPayのアイコンを長押し
2.×が表示されたら×をタップ
3.「削除」をタップ
4.App StoreまたはGoogle PlayでPayPayをインストール
5.「すでにアカウントをお持ちの場合 ログイン」をタップ
6.電話番号とパスワードなどを使ってログイン

 ちなみにPayPayのアプリをいったん削除しても、アカウント情報は生きている。残高がゼロになるようなことはないので問題ない。また再インストールでは、ログインも改めて行うことになる。パスワードを覚えているか不安がある場合は、アプリを削除する前に確認しておこう。

■OSを更新

 もっとも手間がかかるが、最終手段として使えるのがこちら。iOS・Androidともに、OSのバージョンが古すぎると使えなくなってしまうことがある。他のどの手段でも上手くいかず、OSのバージョンが古い場合に試してみよう。ちなみにPayPayの推奨環境は、iOS 11.0 以上、またはAndroid 5.0 以上となっている。

 スマホのデータのバックアップを取ったうえで、OSを更新する。OS更新だけでうまく行かないときは、PayPayの再インストールを行うのもおすすめだ。

PayPayで通信エラーが発生したときに実践したい対処方法!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。