PayPayはなぜオジサンに人気なのか? 若年層の利用率は〇〇PayがTOP!

PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、メルペイなど、今やQRコード決済サービスは当たり前になってきたが、oricon MEの「スマホ決済サービスの満足度調査」によると、もっともよく利用されているのは楽天ペイだそうだ。だが、この調査である興味深い事実も浮かび上がってきた。それは50代・60代では「PayPay」が1位であること。つまりPayPayを良く使っているのは“オジサン”なのである。それでは、若年層はいったい何を使っているのだろうか?

PayPayをよく使っているのは50代・60代だった!

 政府の「キャッシュレス・消費者還元事業」や「マイナポイント事業」などの後押しもあって、日本でも急速に現金を使わないキャッシュレス決済が普及してきた。なかでも、スマホで手軽に利用できるQRコード決済はかなり一般的になってきたと思う。アナタもPayPay、楽天ペイ、d払い、LINE Pay、メルペイなどを積極的に使っているのでは?
 そんな中、2020年10月にoricon MEの「スマホ決済サービスの満足度調査」という興味深い調査が発表された。その結果によると、もっともよく利用されているサービスは15.2%で楽天ペイがトップ。2位は15.1%と僅差でPayPay、3位は10.7%のLINE Payであった。しかし、この調査ではある興味深い事実が浮かび上がってきた。それは50代では15.9%、60代では17.7%とPayPayが1位だったこと。つまり、PayPayは“オジサン”に大人気だったのである。もちろん、この調査は男女区別はないので必ずしもオジサンだとは言えないのだが、PayPayが中・高年に人気があるのは事実である。それでは、10・20代の若年層はいったい何を使っているのだろうか?

キャッシュレス決済普及のきっかけとなったのが、2019年10月から実施された経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」であった

マイナンバーカード普及のために2020年9月から総務省が実施した「マイナポイント事業」。ここでもキャッシュレス決済の利用が促進された

PayPayはなぜオジサンに人気なのか? 若年層の利用率は〇〇PayがTOP!のページです。オトナライフは、【マネーLINE payPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。