iTunesのプレイリストから音楽CDを作成する方法を解説!

iTunesのプレイリストからオリジナル音楽CDを作成する方法を御存知だろうか。iTunesを使えば簡単にオリジナル音楽CDを作成できる。そこで本記事では、iTunesを使ってオリジナル音楽CDを作成する方法を紹介するので参考にしてほしい。

iTunesのプレイリストから音楽CDを作成する方法

 iTunesのプレイリストからオリジナルの音楽CDを作成することができることをご存知だろうか。iTunesにはお気に入りの音楽をまとめておくことができるプレイリスト機能があり、この機能を使ってCD-Rへ音楽を焼くことができるのだ。スマホで音楽を楽しむ方が多い中でCDを使っている方は少ないかもしれないが、社内でのBGMとしての利用や古いカーナビでの利用などCDはまだまだ活躍する場面は多い。
 そこで本記事では、iTunesを使ってプレイリストに入れた音楽をCD-Rに音楽CDとして焼くことでオリジナルCDを作成する方法を紹介する。なお、iTunesではプレイリストの音楽をCD-Rに焼く際に、音楽CDとして焼くこと以外にもMP3CDとして焼くことやデータCDとして焼く事ができるのでそれぞれのCDの作成方法について紹介していく。
 
・空のCD-RをPCに入れる

 iTunesでオリジナルCDを作成するには、CD-Rが必要だ。CD-Rとは何もデータが書き込みされていないCDのことだ。CD-Rはパソコンで書き込みが可能であり音楽CDにもデータCDにもすることができる。CD-Rは一昔前であればコンビニでも購入できたが今では取り扱いしているコンビニは少ないので家電量販店やレンタルCDショップなどで購入しよう。
 それでは、iTunesでオリジナルCDを作成する最初のステップとして、用意したCD-RをPCに挿入しよう。なお、CD-Rは一度書き込みすると書き換えができないディスクだ。もし、ディスクへ書き込みしたデータを削除して音楽CDの内容を後から書き換えたいと思っている方がいらっしゃったら、CD-RではなくCD-RWを利用しよう。CD-RWは書き込みしたデータの書き換えが可能なディスクなのでPCで書き込みしたディスクをフォーマットすることで何度でもCDを作成しなおす事ができる。ただし、CD-Rと比較すると高価だ。

・プレイリストからディスクの作成をする

 パソコンへCD-Rを挿入したら、iTunesでCDを作成したいプレイリストを表示してディスクの作成から音楽CDの作成を行おう。なお、iTunesを起動した状態でCDを挿入した場合、iTunesから音楽CDを作成できることを案内するダイアログが表示されることもある。

空のディスクををパソコンへ挿入してiTunesで音楽CDを作成したいプレイリストを表示したら、iTunesのメニューバーから「ファイル」→「プレイリストからディスクを作成」を選択する

・オーディオCDを選択し「ディスクの作成」をクリックする

 iTunesのディスク作成ダイアログが表示されるので「オーディオCD」を選択して、「ディスクを作成」をクリックする。これでCDへの音楽の書き込みが開始される。

iTunesのディスク作成ダイアログが表示されたら、ディスクフォーマットで「オーディオCD」を選択する。ここで別の種類のフォーマットを選択してしまうと音楽CDとして書き込みされずに、一般のCDプレイヤーなどでは再生できないCDになってしまう

オーディオCDを作成する際には、いくつかのオプションを選択することができる。曲の間隔や音量にばらつきがある音楽でCDを作成する場合には、音量の自動調整にチェックを入れておくのがオススメだ

・書き込みが完了したら音楽CDが作成される

書き込みが完了したCDはオーディオCDとして作成されているので一般のCDプレイヤーなどで再生可能だ。書き込み完了後は一度書き込みが完了したCDを再生してみよう。なお、作成が完了したCDを別のiTunesで読み込むとタイトルなどは表示されないが、これはオーディオCDの仕様によるものなので書き込みの失敗ではない。
 これを解消するには、iTunesでCDを作成するときに表示されるオプションの「CD-Textを含める」というオプションにチェックを入れておく。このようにしておけば「CD-Text」と呼ばれる規格に対応した機器であれば、CDへ書き込みした音楽のタイトルを表示することができる。書き込み完了後にCD-Textを含めることはできないので書き込み前に設定しておく必要がある。

iTunesのプレイリストから音楽CDを作成する方法を解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽iTunesプレイリスト音楽CD】の最新ニュースをいち早くお届けします。