携帯電話の新料金プラン乱立、混乱するユーザーたちの本音とは

菅政権の肝いりで始まった、携帯電話の値下げ合戦。2020年12月、NTTドコモが他社に先手を打ち、月間データ容量20GBを月額2,980円とする驚きの新プラン「ahamo」を発表、その後KDDIは20GBで月額2,480円「povo」を、ソフトバンクも同じく20GBで月額2,480円「LINEMO」を発表。さらに楽天モバイルは「1GBまで0円」とする「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を発表した。携帯電話各社が、続々と新プランを打ち出すなか、乱立する新プランにユーザーからは何を選べばよいのかわからない、と戸惑いの声が多く噴出している。 
今、ユーザーは携帯電話会社に何を求めているのか、アンケートを元に考えたい。

乗り換えたい人は30.4%、乗り換えを考えていない人は37.6%

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

携帯電話料金の新プランが続々発表され、ユーザーは選択を迫られている

 日本トレンドリサーチが携帯電話料金を支払っている全国の男女各500名、計1,000名を対象に「スマートフォン・携帯に関するアンケート」をインターネット上で2月2日〜9日までの期間で行なった。
 その調査によると、現在利用している携帯キャリアで最も多かったのはNTTドコモで33.6%、次いでその他(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル以外)が24.8%、au(KDDI)が21.2%、ソフトバンクが15.6%だった。そして、「現在、利用している料金プラン・キャリアから乗り換えたいと思いますか?」という質問では、思うと答えた人は30.4%だったのに対し、思わないと答え人は37.6%で乗り換え組を上回った。またどちらとも言えないと答えた人も32.0%に登っていた。

 各社がしのぎを削りこれほどお得な新プランを打ち出しているのにもかかわらず、なぜ多くの人は乗り換えたいと積極的に考えていないのだろうか?それは、乱立する新プランのわかりづらさが一因となっているのではないだろうか。アンケートで乗り換えたくないと答えた人の理由には、「他社に乗り換えは不安だから」「手続きが面倒くさいし、今のプランに不満はないから」「どこも大差がないから」などが挙げられている。さらにどちらともいえないと回答した理由には「どこの会社がお得かよくわからないので」「切り替えることのメリット・デメリットがよくわからないから」といった声が上がっていた。

携帯電話の新料金プラン乱立、混乱するユーザーたちの本音とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidauiPhoneNTTドコモUQモバイルY!mobileスマホソフトバンク楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。