iPhoneを持ってなくても「ファミリー共有」でApple Watchを使う方法!

Apple Watchを使うためにはiPhoneが必須! かといって、Apple Watchを使うためだけにiPhoneを買うのは本末転倒だろう。だが、実は“Apple WatchにiPhoneは必須”には抜け道があることをご存じだろうか? そこで今回は、iPhoneユーザーでなくてもApple Watchを使えるようにするウラ技を紹介しよう。

「ファミリー共有」ならiPhoneなしでもOK!

 iPhoneユーザーなら気になる「Apple Watch」。Apple Watchは基本的にiPhoneとペアリングしてはじめて使うことができるガジェットだが、実は「ファミリー共有」を利用することでApple Watchを使えるようにするウラ技があるのをご存じだろうか? 
「ファミリー共有」とは、App Storeで購入したアプリ、Appleのサブスクリプション、iCloudのストレージなどを最大6人で共有できるAppleのサービス。たとえば、家族がアプリを使ったりWebサイトを見たりする時間を制限するなど、ペアレンタルコントロールも兼ねているため、親が子どもにiPhoneやiPadを持たせるときに重宝する機能だ。
 この「ファミリー共有」はApple Watchでも設定できるが、iPhoneが必要になるのは管理者だけ。管理者は、通常通り自分のApple Watchを自分のiPhoneとペアリングし、そのあとペアリング先のアプリ「Watch」から、「ファミリー共有」経由で2台目、3台目のApple Watchを自分のiPhoneに登録(ペアリング)することで、他の家族はiPhoneを所有していなくてもApple Watchを使えるようになるのだ。

2020年に発売されたばかりのApple Watch SEをはじめ、Series 4以降のセルラー(Cellular)モデルであれば「ファミリー共有」は利用可能。家族に自分のお古のApple Watchを渡して使う際は注意しよう

iPhoneを持ってなくても「ファミリー共有」でApple Watchを使う方法!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleApple WatchiPhoneファミリー共有】の最新ニュースをいち早くお届けします。