iPhoneを持ってなくても「ファミリー共有」でApple Watchを使う方法!

「ファミリー共有」はセルラーモデル限定!

「ファミリー共有」でApple Watchを使う条件について確認しよう。まず、管理者のApple Watchを親機にして、管理者のiPhone(6s以降/watch OS7)に「ファミリー共有」で登録するApple Watchを子機にする場合、子機は必ずセルラー(Cellular)モデルである必要がある(親機はGPSモデルでもOK)。これは、子機がiPhoneとのペアリングなしで独自に通信するために必要な条件で、セルラーモデルならiPhoneと離れていても電話やLINEなどの通信機能を使えるから。
 次にApple IDは管理者だけではなく子機をもつ家族のものも必要になるので、事前に作成しておこう。また、「ファミリー共有」が使えるApple Watchは、Series 4以降またはSEモデルのみである。Series 3も売られているが「ファミリー共有」は使えないので注意してほしい。ちなみに、過去使っていた古いApple Watchを家族に渡したいときは初期化が必要になることも覚えておこう。

「ファミリー共有」を経由してApple Watchを登録する際は、まず「Watch」アプリを起動して「すべてのWatch」をタップ(左上写真)。続いて「Watchを追加」(左下写真)を選択。「Apple Watchを設定」画面で「ファミリーメンバー用に設定」を押せばよい(右写真)

 いかがだろうか? 家族がiPhoneユーザーでApple Watchを使っている場合は、「ファミリー共有」を使うことでiPhoneを持っていない家族もApple Watchを利用できることがおわかりいただけただろう。ちなみに「ファミリー共有」を設定すると現在地やアクティビティ(活動用管理アプリ)などの情報が相手に共有されるが、これらは設定しだいでプライバシーを守ることができる。「Apple Watchを使ってみたいけど、iPhoneを持っていないから……」と諦める前に「ファミリー共有」ができる環境にないか一度確認してみては?

iPhoneを持ってなくても「ファミリー共有」でApple Watchを使う方法!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleApple WatchiPhoneファミリー共有】の最新ニュースをいち早くお届けします。