iPhone 13シリーズの路線判明? iPhone 12 miniでコケた後継機種は?

iPhoneを中心にApple製品を紹介するYouTubeチャンネル「EverythingApplePro EAP」の中で、リーカーのマックス・ワインバック氏が予想したiPhone 13シリーズラインナップを紹介。iPhone 13 Proシリーズには省電力性能を搭載するほか、常時点灯ディスプレイ仕様に変更するのではないかと予想している。さらに、動画撮影機能がパワーアップ。撮影に苦労する夜景の星空や月をより鮮明に撮影できるようになり、天体観測も可能になるとしている。また、画面内指紋リーダーや光学センサーを採用するというウワサも同チャンネルで紹介されている。コロナ禍の現状から、マスクを付けた状態でもロック解除が可能になる高機能を搭載させる予定だという。そんなiPhoneの新作ラインナップだが、現在発売中のiPhone 12 miniは売上が低迷。iPhone 12シリーズ以降のモデルの売上が不安視されている。

人気と思われたiPhone 12 miniが失速

(Image:Jack Skeens / Shutterstock.com)

コンパクトを売りにしたが、高価格に手が出せない人が続出

 国内では初期のiPhoneを彷彿とさせる小ぶりでコンパクトな見た目に、売上増加が見込まれたが、これまでのiPhoneの勢いほどの結果には至らなかったようだ。さらにiPhone 12シリーズの生産を停止する可能性があるという予想も出てきている。大手投資銀行「JPモルガン」の最新レポートによると、2021年前半のiPhone 12 miniの在庫を調整するため生産台数を絞ると報告されている。このタイミングでの大幅な生産台数カットとなれば、その後iPhone 12 miniは生産停止に追い込まれる可能性も高いだろう。

iPhone 13シリーズの路線判明? iPhone 12 miniでコケた後継機種は?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 12 miniiPhone 13】の最新ニュースをいち早くお届けします。