【PCゲーム】「Steam(スチーム)」の使い方をくわしく解説!

「Steam」を使ってPCゲームを楽しむ方法をご存知だろうか。PCでゲームを楽しむには「Steam」を使うのが便利だ。そこで本記事では、「Steam」を使ってPCゲームを楽しむための方法を紹介するので、ゲーム好きな方はぜひ参考にしてほしい。

【PCゲーム】「Steam」とは

 「Steam」というPCゲームに関するサービスをご存知だろうか。本記事では「Steam」を使ってPCゲームを楽しむ方法を紹介するが、その前に「Steam」とはどのようなサービスなのか紹介する。「Steam」とはどのようなサービスなのかご存知で無い方ははじめに、「Steam」とはどのようなサービスで何ができるのかを確認しておこう。

・PCゲームの配信プラットフォーム

 「Steam」とはどのようなサービスなのか紹介する。「Steam」とはPCでプレイできるゲームを配信しているプラットフォームのことである。そのため、「Steam」ではさまざまなPCゲームを購入することができ、「Steam」で購入したゲームをPCへインストールすることでゲームを楽しむことができる。
 「Steam」では有名な大手ゲーム会社が作成した定番ゲームのPC版から個人が開発したマイナーなPCゲームまでさまざまなゲームを購入することができる。ゲームの価格もさまざまであり安価なゲームであればワンコインで購入できるものもある。そのため、「Steam」はPCゲーム愛好家の中では非常に多くの方に利用されているサービスなのだ。

・遊ぶことのできる主なPCゲーム

 「Steam」とはどのようなサービスなのかわかったところで、実際に「Steam」で配信されているゲームとはどのようなものがあるのか、有名なもののほんの一部をピックアップして紹介しよう。
 「Steam」で大人気のPCゲームが「Grand Theft Auto」のPC版だ。「Grand Theft Auto」とは、アメリカを舞台に縦横無尽に荒くれ者達と戦ったりオンラインで他のプレイヤーたちとミッションを進めていくゲームだ。「Grand Theft Auto」は「Steam」で配信しているPC版以外にもPS4版などさまざまなプラットフォームで展開されている有名ゲームだ。
 また、「Steam」では「モンスターハンターワールド」といった誰でも聞いたことがあるようなゲームも配信されている。

・推奨動作環境は?

 「Steam」とはどのようなサービスでありどのようなゲームが配信されているのかわかったところで、気になるのは「Steam」が動作するPCの推奨動作環境だ。しかし、「Steam」の推奨動作環境はゲームによって要求されるスペックが異なるので一概に動作環境を紹介することはできない。
 一例として、「Steam」で配信されているゲームである「モンスターハンターワールド」の動作環境を紹介すると、OSはWindows 7以上の 64bit版、CPUはCore i7-3770 3.4GHz以上、メモリは8GB以上、GPUはGTX 1060以上といった具合にゲームメーカー側(カプコン)で定められている。
 そのため、「Steam」用にPCを用意しようと検討している方は「Steam」でプレイしたいゲームをいくつかピックアップしてその中で最も要求するスペックが高いゲームの動作環境を基準にするとよい。
 なお、一般的にPCで快適にゲームをプレイするために重要となってくる要素がメモリ、ストレージ、GPUの速度だ。ゲームを快適にプレイできるPCを目指している方は最低でもメモリは8GB以上、可能であれば16GB搭載するようにし、ゲームをインストールするためのストレージはSSD、可能であればM.2接続タイプの高速SSDを利用しよう。また、GPUはゲームの快適さに直結する場面でもあるので予算が許す限り性能のよいものを選んでおくとよい。

【PCゲーム】「Steam(スチーム)」の使い方をくわしく解説!のページです。オトナライフは、【アプリPCゲームSteam】の最新ニュースをいち早くお届けします。