ネット通販サイトの2強、楽天市場とAmazonがこれほどまで支持され続ける理由とは?

ネットショッピングが当たり前の日常となった昨今に、楽天市場とAmazonはまさになくてはならない存在。ネット通販サイトの2強とも言うべき巨大な市場ではあるが、両者の優位性は他サイトに比べ、創成期のころから何ら変わりないように見える。いまやSNSの大隆盛に加え、クラウドファンディングやメルカリといった多岐に渡るサービスも誕生。様々な形のネット通販サイトも生まれたがなぜこれほどまでに2社は強いのだろうか。楽天市場とAmazonの強さについて追いたいと思う。

圧倒的な蓄積が代えがたい武器に

(Image:Devina Saputri / Shutterstock.com)

ネットショッピングでの失敗を警戒する人は多い

 楽天市場とAmazonは、これまでサイト自体に大きな仕様変換等があったようには思えないが、他ネット通販サイトにくらべ強さを発揮、圧倒的なシェアを誇っている。アンケートサイト・ボイスノートによって2月頭に実施された通販サイト利用に関するアンケートにて、最も好きな通販サイトランキングでも、1位・楽天市場、2位・Amazon、3位には「Yahoo!ショッピング」が入る結果になっていた。

 仕様が大きく変わったわけでもないのに、支持され続ける理由は、初めての買い物でも失敗しにくい仕組みがあるからなのかもしれない。ネットで買い物をする際に怖いこと、つまり世代問わず誰もが念頭におくのは、「この買い物をして失敗しないか」という点。初めて買う商品、初めて使うECサイトでは、なおさら警戒する人も多いと思われる。そういった点において、楽天市場とAmazonはネット通販における初めての買い物でも失敗しにくい仕組みがすでに備わっており、懸念材料が少ないため優位性があると考えることもできる。

 楽天市場やAmazonに備わっている仕組みは、今や誰もが当たり前に目にして、参考にする。つまりレビューの点数や口コミを指している。この2市場は創成期からの注力もあり、その数などはまさに圧倒的。前述した通り、ネットショッピングにおいてまず思考が働くのは失敗しないようにということ。その点、最初にレビューを入念に読み込んでいけば大きな失敗はない。いわゆる“フェイクレビュー”のような、出店している企業が意図的にレビューを増やす行為についても、楽天市場やAmazonでは排除される仕組みが整えられ、レビューの信頼性も高まっているように思う。レビューの信頼性の高さと絶対数が多く統計的にも外れにくい口コミの存在は圧倒的な強みであり、他サイトはこの蓄積に今から追いつくことはかなり困難だ。つまり、よほどの武器が無いと参入の割り込みは厳しいのかもしれない。

ネット通販サイトの2強、楽天市場とAmazonがこれほどまで支持され続ける理由とは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazon楽天市場】の最新ニュースをいち早くお届けします。