「楽天Edy」の微妙に余ってしまった残高をきっちり0円まで使い切る2つの方法

日本でもすっかり浸透してきたキャッシュレス決済。なかでも、プリペイド型電子マネーの「楽天Edy」は、使えるお店も78万カ所以上もあり人気が高い。だが、「楽天Edy」はあまり使わないということなら、微妙に残った残高をきっちり0円になるまで使い切ってしまいたいところ……。そこで今回は、微妙に余っている「楽天Edy」を使い切る2つの方法を紹介しよう。

そもそも「楽天Edy」って何? 便利なの?

(Image:edy.rakuten.co.jp)

 アナタはどんなキャッシュレス決済を利用しているだろうか? PayPay、d払い、Suica、nanacoなど数えきれないほどの種類があるが、そのなかでも「楽天Edy(らくてんエディ)」は、利用できる店舗も78万カ所以上と非常に多く、普及率も高い。事実、2020年10月に発表されたoricon ME「スマホ決済サービス」の満足度ランキングで、楽天Edyは3位にランキングされているほどだ。
 そもそも楽天Edyは“プリペイド型電子マネー”だ。楽天Edyの単体物理カード、楽天カード(クレカ)にも付帯するし、スマホでも利用可能となっている。楽天Edyで決済すると、税込200円ごとに楽天ポイントが1pt(0.5%還元)もらえるが、物理カードの場合はポイントカード機能も兼ねているため、楽天の加盟店であれば、カードを提示することで税込200円ごとに2pt(1%)を貯めることができる。チャージ方法も、クレカや現金、アプリ経由、そして「楽天Edyギフト」と呼ばれるチャージカード経由など、さまざまな方法が用意されており、非常に使い勝手が良い。楽天経済圏にどっぷりはまっている人には必須だろう。
 だが、「最近、楽天Edyはあまり使わないし、中途半端に余った残金を使い切ってしまいたい……」と思った場合、どうやって0円になるまできっちり使い切れるのだろうか?

(Image:edy.rakuten.co.jp)

楽天Edyは物理カード以外にも、クレカの楽天カードに付帯していたり、スマホのおサイフケータイでも利用することができる

(Image:edy.rakuten.co.jp)

楽天Edy単体で決済すると税込200円で1pt(0.5%)、楽天ポイントカード加盟店では、楽天カードの提示で税込200円につき2pt(1%)を獲得できる

「楽天Edy」の微妙に余ってしまった残高をきっちり0円まで使い切る2つの方法のページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレスクレカ楽天楽天Edy】の最新ニュースをいち早くお届けします。