Apple WatchでLINEに返信する4つの方法を写真付きで詳しく解説!

音声による「ボイスメッセージ」でも返信可能

 音声入力で返信の文章を作成したが、誤字脱字があって困ったり相手に微妙なニュアンスの内容を伝えたいときは、「ボイスメッセージ」で喋った音声で返信してみよう。「ボイスメッセージ」とは、Apple Watchで収録した声を音声データとして送れる機能。喋った言葉を文字に変換する「音声入力」と違い、録音した音声ファイルをそのままダイレクトに送れるのが特徴だ。こちらも喋る前に周囲の状況を確認してから実行しよう。

ボイスメッセージで返信するには、真ん中にある「ボイスメッセージ」をタップする(左写真)。伝えたい内容をApple Watchに喋りかけて録音しよう。喋り終わったら画面下の「停止」ボタンを押す(右写真)

急ぐなら「スタンプ」による返信も可能!

 とりあえず、素早く何かしらリアクションを返したいときは「スタンプ」を使ってみよう。実はApple WatchにもiPhoneと同じように「スタンプ」が収録されており、簡単に返信することが可能となっている。ただし、現状ではデフォルトで収録されているスタンプを増やすことができない。自分で購入した音声付きやアニメーションタイプを使いたい場合は、iPhoneから返信するしかないのだ。もちろん、アニメーションタイプのスタンプでも、送信相手側のApple Watchで問題なく表示される。

スタンプで返信するには、画面左にある「スタンプ」アイコンをタップ(左写真)。表示されたスタンプを選択しよう(右写真)

 いかがだろうか? 今回はApple WatchでLINEに返信する4つの方法を紹介したが、基本的にはiPhoneで返信した方が楽な場合が多いと思う。とはいえ、これらの返信方法覚えておけば、満員電車などでiPhoneを簡単に取り出せない状況などでは非常に便利なので、いつか役に立つかもしれない。

※サムネイル画像(Image:mhong84 / Shutterstock.com)

Apple WatchでLINEに返信する4つの方法を写真付きで詳しく解説!のページです。オトナライフは、【SNSApple WatchiPhoneLINE】の最新ニュースをいち早くお届けします。